FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】俺が友達の家に行った時に聞いた話。 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】俺が友達の家に行った時に聞いた話。 長編

IMG_1578.jpg

俺が友達の家に行った時に聞いた話。

飲みに出ようと誘う俺を、
半ば無理矢理ひき止めて聞かされた。

その友達はマンションの5階に住んでいたのだが、
ベランダから隣接する警察署の敷地を見下ろすことができた。

裏側の職員駐車場みたいなとこで、
隅に小さなコンクリの小屋があった。

イナバ物置を一回り大きくした位の小さな小屋で、
友達の部屋からほぼ正面の位置に観音開きのドアがある。

ある日、友達がベランダで洗濯物を干していたら、
紺色の作業服みたいなのを着た男(たぶん刑事)2人が、
その建物にタンカを運び込もうとしていた。

タンカには半透明のビニールに包まれた、
何かが乗せられていた。

それを見て友達はピンときたらしい。

そこは検視の為の小屋だった。

ベランダからは角度があるため小屋の奥までは見えなかったが、
辛うじて小屋の中央付近に置かれた金属製のベッドの脚だけが見えた。

その友達は悪趣味な奴だったので、
気持悪いとか思う前に、
興味津々でそれからちょくちょく確認していたそうだ。

死体が届いてないかどうかを。

それまで気にも止めていなかったのに、
意識して見だしたら結構見えるものらしく、
洗濯物を干す際に、結構な割合で死体の搬入や
若い刑事が小屋の前で器具を洗う様子などを見ることができた。

家族らしいのが来た時は
泣き声が聞こえたりしたそうだ。

その日、友達がベランダで洗濯物を干しながら、
いつものように検視小屋(正式名称は知らない)を確認したところ、
ドアが開放されていた。

それまでは、
死体の出し入れの時以外はいつも閉じていたのに、
その時はずっと開いていたそうだ。

変だな?と思いながら友達が見ていたら、
警察署から若い警察官が出て来て検視小屋に入っていった。

しかしその若い警察官はすぐに出てきたかと思うと、
警察署の横の植え込みに走り寄り、ゲーゲーあげだした。

検視小屋からデブの警察官が出てきて、
吐いてる警察官に「しっかりせんか」みたいなこと怒鳴る。

これはかなりのグロイ死体が来たんだなと思った友達は、
ワクワクしながらそのまま見ていたらしい。

しばらくして、
若い警察官も持ち直したのか、
また検視小屋に入っていった。

友達は辛うじて見える入り口付近の床を見ていたが、
小屋の奥から入口のほうに黄色い液体が流れてきたそうだ。

赤なら血だろうけど、
黄色って何だろ?と友達が思っていたら、
いきなり青い足が見えた。

ベッドの脚の横に、
真っ青な足がダランと垂れた。

警察官の白い手が伸びて、
すぐに青い足を持ち上げたが、
確かに見えたらしい。

太くて、まるで力士みたいな足。

ベッドからハミ出したんだなと思って、
友達は死体見ちゃったよ!と興奮したそうだ。

それから何日か後、
夕暮れ時に友達が洗濯物を取り込んでいたら、
検視小屋の横に人が立っているのに気が付いた。

警察署の裏は建物の陰になっていて、
薄暗かったらしいが、
凄く太った人が何もせず突っ立っている。

こんな時間に誰だろうと思ってよく目を凝らしたら、
最初は分からなかったが、どうも裸らしい。

何で分からなかったかというと、
全身が青と白と紫色のマダラ模様に染まっていたから。

しかも、白い帽子を被っているように見えたのは、
頭蓋骨が剥き出しになっていたからだ。

何より印象的だったのが、太くて青い足。

あの日見た足とそっくりな。

友達はゲッと思ったらしいが、
自称霊感の強い奴だから、
特に慌てる事もなく放っておいた。

その日から、
度々その青い足の人を
同じ場所で見かけるようになった。

何回か見て気付いたらしいが、
青い足の人を見た後は、
必ず検視小屋に死体が運び込まれてくる。

昼間でも夜でも、
青い足の人が検視小屋の横にフラフラ立ち出したら、
しばらくしてタンカが運び込まれる。

運んできた警察官は、
すぐ横に立つ青い足の人には気付かない。

友達は、予知?それとも呪い?
みたいな感じですっかり興奮して、
しょっちゅうベランダの向こうを見るようになった

怖いとか思わないらしい。

離れているし、
まるでテレビの向こうのホラー映画を見る感覚なんだね。

それも極めてリアルな。

そこまで一気に話して、
友達はニヤニヤしながら俺の顔を見た。

そして

「どう?今から見てみる?いるかもしれないよ?」

とベランダの方を指差す。

悪趣味な奴と知ってたので、
俺は無視して早く飲みに行こうと誘ったが、
友達は俺がビビっていると思ったらしい。

してやったりという顔で、

「なんてね!実はそこの警察署、
この春に建て替えしたんだけど、
その時小屋も潰されたんだよ。
だから見ようにも見えないから安心しろよ!」

と笑った。

俺はどうでもいいよと思いながら、
早く出ようと催促した。

なぜなら、友達には言わなかったけど、
その部屋物凄く臭かったんだ。

魚の内蔵が腐ったみたいな、
それこそ吐いちゃうような臭いが充満してたよ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます