FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】高校時代運動部で、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】高校時代運動部で、 短編

IMG_1817.jpg

友人の話。

高校時代運動部で、
六時から朝練やらされてたんだとさ。

通学時間+準備時間で、
家を出るのは五時ちょっと過ぎ。

自転車通学で、
周りは至って普通の住み慣れた住宅街。

曰くも何も無い。

で、ある日いつも通りに
家から自転車乗ってたんだとさ。

そしたらふと気が付くと、
前方を横切ろうとしてる人がいたんで、
ちょっとスピードを落として避けた。

で、避けた瞬間、
その人の顔が凄く近くに来て目が合った。

友人は近眼なんで、
その時まで気づかなかったそうだが。

その人、顔面が白塗り。

唇だけ真っ赤。

で、なぜか超笑顔。

身長は160前後か、
黒っぽい着流しで、髪はぼさぼさ。

何を目にしたのか理解できなくて
普通に通り過ぎた友人、

数秒後に認識、

「明らかにおかしいじゃねえかあああああ」

と思って後ろを振り返らずに
猛スピードで自転車漕いでその場を去った。

生まれ育ちもその街で、
そんな明らかにおかしい人の話なんか聞いたことがない。

近所に暗黒舞踏家が住んでるなんて話も勿論ない。

アングラ演劇人も住んでない。

何かの撮影かドッキリか酔っ払いか。

まあ、たまたまだろうと思って忘れることにしたとさ。

が、その数週間後、
同じように通学途中にまた遭遇。

やっぱり白塗り超笑顔。

今度は向こう側から歩いてきた。

近眼と言えど、
前回があるので数メートル前で気づく。

よりによって狭めの一本道。

もし普通の人だったらUターンしたら失礼だよなと思った友人、
びびりながらもその人の真横(距離は1mくらい)を通ることにした。

その人の方は見ないようにしていたんだけれども、
向こうが首を捻って自身を舐めるように見たのが視界に入る。

なんとか通り過ぎて、
ああ良かったと思ったら、

「タナカくん(友人の名前)だねえ~~」

という声が背後から。

へ?と思って振り返ると、
例の人が数メートル背後から更に一言。

「タナカくんだねえ~~」

一瞬思考が停止したが、
なんとか気を奮い立たせて
自転車爆走させてその場から離れる。

なんで名前が分かったんだ?!
ってうろたえまくったが、
考えてみたら部活のユニフォーム通学で、
背中に名前がローマ字で刺繍されていた。

いや、それにしても明らかにおかしいだろ。

それからはキツイけれども
家出る時間を30分早くずらすようにしたんだとさ。

友人曰く、

「生きてる人だろうけど、幽霊であった方がマシ。
近所にいるなんて実在してるなんて信じたくない」

とのこと。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます