FC2ブログ

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】今まで親に話すの禁じられていたけれど、 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】今まで親に話すの禁じられていたけれど、 長編

IMG_1747.jpg

今まで親に話すの禁じられていたけれど、
やっと引っ越すことができたので話します。

厨房の頃の話

その当時では中二病発症者(その頃はただのバカ)も少なく、
だから他の中学生から見れば俺は異端だった。

少ないとは言っても
友人の内少なくとも3人はそうだった。

3年になっても中二病とれなかった俺たちの受験がせまった夏休み、
俺はずっと勉強ではやりきれないと思ったので、
3人を呼び集めて肝試しをすることにした。

みんな一言で「OK」だった。

だから、実行するまでの時間はほとんど無に等しかった。

内容はこういうもの

俺たちの地元では密かに囁かれるひとつの噂。

近所にあった山の奥には廃屋があり、
その廃屋は昔宿だったらしい。

ただある事件を期に
その宿にはだれも近づかなくなり、
今に至る。

そして、普通ならそんなところ潰せばいいのにそうせず、
その事件もすぐに調査は打ち切られた。

噂はその廃屋には幽霊がいて
部外者が中に入ると帰ることができないとか。

こんな俺たちにはもってこいのネタだった。

数日後待ち合わせ場所に集まった俺たちは
すぐに目的地へと向かう。

途中は何も起こらず、無事に到着。

その廃屋は見れば見るほどぼろく、
不気味なものだった。

なにも話さずすることもなく、
俺たちは中へと入る。

悪臭悪寒、言葉では言い表せないような感じがする。

とりあえず上から下へとへやの中に入ることにした。

二階の部屋は左右2つずつあり、
まず左手の方から中へ入ることに。

廊下はほこりまみれで
俺たちの前に誰かが来たとは思えないほどだった。

部屋の中も大して変わらず、
変わっていたらその場で逃げ出していただろうけど……

左手の2つの部屋は特に変わったところはなし。

机と物置、タンスみたいなのが置いてあるだけで、
部屋に入るときも出るときも異常はなく
引き出しの中も全部空であった。

右手の部屋も外見は特に変わったところはなし。

ただ、たんすの中から
ぼろぼろの紙束と筆と墨が入ってあっただろう容器が見つかった。

紙には日付のようなものとその下に文章がずらっと。

日記だった(おそらく)。

※以下、日記の内容はかなりうろ覚えのものです。

日付は忘れました。

読めない漢字、汚い字なんかあったりで自分で補完したりしてます。


1枚目

昨日、私の泊まる宿にナイフを持った者たちが入ってきた。

部屋にあるものは全て盗られ、宿から出してもらえない。

私たち一体どうなるのだろうか。

胸にしまってあった道具で状況を説明していこうと思う。

誰が読むか分からない、
しかし読んだ者は私たちを助けてくれ。


2枚目

皆、一階に集わされている。

最初に襲ってきた者の半分が姿を見せない。

宿主以外の女が全員連れて行かれた。


3枚目

同じ部屋にいた○さん(読めない)が
相手2人に殴りかかり殺された。

同じ日に2人は私たちの半分を殺してしまった。

これを書き続けるのもそろそろ限界かもしれない。

まだ三枚だが多く書いたように思ってしまう。

次あたりに私の願いを書いておく。


4枚目

宿主二人は2人と何かを話した後、
宿から出た。

さっきから2人の表情が笑っている。

宿主が帰ってこない。

もう夕暮れなのに。

殺されたのか、逃がされたのかは私に分からない。

2人は

「宿から出るな」

と命令すると宿の外に出た。

今しかない、願いを書く。

私たちは殺されるだろう。確実に。

昨日はたくさんの人が殺された。

おそらく、今日は全員。

その者たちは何らかの形でここに来た者を傷つける。

だから、それを阻止するからここに来い。


と言うものだった。

分けがわからない、というのは
今になって思う話で、
その時は怖くてたまらなかった。

この4つの部屋には何もなかったから、
1階で何かあったのは間違いない。

けれども、
3人は帰ろうと促してくるので帰ることにした。

無事家に到着。

やっぱり噂は噂だったんだろう。

次の日、3人の内の1人が死んだとの報告が来た。

警察らは自殺と判断した。

密室で胸にナイフが刺さっているのを親が発見。

俺たち3人もたまたまだろうと信じた。

学校で2人の内の1人が死んだとの報告が来た。

警察らは事故と判断した。

家庭科の授業で包丁がすべり左腕の動脈を切りつけた。

俺たち2人はたまたまだろうと信じれなかった。

放課後、廃屋の一階の一番広い部屋に俺たちは向かう。

昨日よりも悪臭悪寒が強くなったような気がする。

その部屋は消えかかっているが血だらけだった。

ほこりもない。

おかしかった。

ふと、後から声がかかった。

友人は俺と並んでいたから、
それ以外の人としか考えられないが、
来る途中、周りには誰もいなかった。

それもそのはず、
大人たちは何故だかここの話をしたがらないし、
子供たちも怖がってここに来ない。

俺はゆっくりと振り返った。

俺たちが見たのは老人の幽霊だった。

生まれてこのかた幽霊なんて見たこともないが、
何故だかわかる。

見える、
ただ本当に見えるだけだったから、
気配がないから。

老人は言った

「くるのが遅すぎですよ。紙、読んだでしょう?」

と。

俺たちは何も言えなかった。怖くて。

老人は続けて

「来ないから、犠牲者が出てしまった。
もう少し遅ければあなたたちも……」

俺たちは何もいえないが
老人はそんなこと気にした様子もなく続ける。

「では、お話しましょう。
ここに泊まるのは将来、
何かの大きな夢を持つものたちです……でした。
が、あの日全てが終わりました。あやつらの手で…
彼らはここに泊まってる者たちをほとんど殺しました。
理由はおそらく金ですね。
だから、ここにいるものはここに来た、
夢を持つ者を殺していきました。
怨念とでも言うのでしょうか?
私は人を傷つけたくないので、
その人の夢を奪うことにしました。
そうすれば死ななくてすみます。」

それを聞いたとたん
目の前が見えなくなって気づいたのが家のベッド。

隣には泣きじゃくる母と黙り込んでいる父。

俺が気絶してる間のことをその晩聞かされた。

手紙といっしょに俺は玄関の前で倒れていた。

俺のほうには問題はなかったのだが、
手紙には

「あなたの夢は叶えられなくなりました。
あなたの夢は普通のサラリーマンですね?
あなたはどこの高校にもいけないでしょう。
あなたの学力はすべて0にさせてもらいましたから。」

とあったらしい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます