【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】俺の家族は青森の海沿いの田舎に住んでいた。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】俺の家族は青森の海沿いの田舎に住んでいた。 短編

IMG_1584.jpg

小学生のころ、
俺の家族は青森の海沿いの田舎に住んでいた。

俺は幼い頃からよく浜で遊んでいたんだが、
年末の1週間(5日くらいだったかも)は、
夕方に浜で遊ぶのは禁止されていた。

だが、小学3年の大晦日、
親たちは年末で忙しく、
退屈な俺は友達と二人で浜に行き、
言いつけを破り夕方まで遊んでいた。

岩でできた小さな洞窟っぽいのがあって、
俺たちはいつもそこを秘密基地にして
焚き火をしたり漫画を読んだりしていた。

その日もその洞窟で遊んでいたんだが、
そこで変なものに出会った。

それは小人だった。

一つ目で、仲間(?)を数人引き連れていた。

仲間というよりは
同じ人の形をしているペットみたいな感じで、
キチキチと鳴き声を上げて、
理性がないような感じだった。

先頭の一つ目だけがまともな仕草で、
俺たちに綺麗な石を差し出してきた。

なぜか怖くはなく、
二人ともすごい生き物を見つけた!
ってテンションだった。

俺が石を受けとると、
いつの間にか姿がなくなっていた。

探したが見つからず諦め、
最後は石の取り合いになった。

結局、
見せるために受け取った友達が
石を離さず、俺が負けた。

俺はすごく悔しくて、

「俺が受け取ったんだから
今度会ったら絶対取り返そう」

と思って家路に着いた。

しかし、友達はその晩亡くなってしまった。

夜高熱を出し、
朝には息をしていなかったという。
(俺は小さかったから、詳しくは聞かされなかった。)

親たちは俺たちが浜に行ったことを知らないが、
俺は友達の死の原因は小人にもらったあの石だと思う。

そして、もし俺が石を持って帰っていたら、
俺が死んでたんじゃないかと思う。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます