【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】小さな田舎町の中学にAとBいう少年がいた。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】小さな田舎町の中学にAとBいう少年がいた。 短編

IMG_1734.jpg

小さな田舎町の中学にAとBいう少年がいた。

Aは地元では有数の裕福な家庭の子で
我が儘で乱暴なところがあった。

Bの家は母子家庭で
貧しさを嘲笑されたりはしていたが
成績は抜群で運動もでき喧嘩も強く
みんなから一目おかれていた。

ある日Aが
学校に木刀を持って登校してきた。

何を目的に持ち込んだのか定かではないが
おそらくコレといった理由はないだろう。

Aはそんな少年だった。

その日Aの周りには
いつもの取り巻きや仲間連中が集まり
これまたいつも通り騒いでいた。

話題が木刀の話になったのか
Aはクラスの大人しい連中を標的に
寸止めで木刀を振り回しはじめた。

次々と的を変え
Aは標的をBに定めた。

Bは他の連中と違い
無言でゆっくり立ち上がると
一歩Aに近づいた。

喧嘩になる。

クラスの大半が思っただろう。

そのときAがピタリと木刀を止め

「冗談だよ」

とイヤらしく笑った。

しばしの沈黙。

AもBも互いを見つめたまま動かない。

先にBが視線を外し
教室から出ようとAに背を向けた。

一呼吸置いて
Aはイヤらしい笑みのまま木刀でBを薙払った。

BはAの行動を予測していたのだろう。

半身をひねり後ろ蹴りで
Aの手を狙い木刀を払い落とした。

Aはまた

「冗談だよ」

といい
Bも相手せず教室から出ていった。

ひと月後Aが学校の屋上から墜落死した。

屋上には普段鍵がかかって誰も入れない。

そのとき屋上にはもう1人Bもいた。

いろいろ取り調べもあったが
事故扱いになったようだ。

屋上で何があったかはわからない。

だがクラスメートが参列したAの通夜でBが発した

「冗談だよ」

は一生忘れない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます