【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】S県S市街地からI川へ行く中間にそこはある。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】S県S市街地からI川へ行く中間にそこはある。 短編

IMG_1859.jpg

S県S市街地からI川へ行く中間にそこはある。

道路から山道へ入り暫く進むと、
見えてくるのは吊橋ある。

たいていの人は、
なんとなく嫌な感じがする場所である。

それもそのはず、
表ざたにならない自殺者や動物霊が呼んでる場所なのだ。

でも、嫌な大元と言われる場所は
その吊橋を渡った奥にある。

その場所は滝と祠がある場所、
何故このような場所に祠があるのかは解らない。

さて話を元に、
聞いた話では一部の警察官はこの場所を知っている。

何故知っているのか?

それは行方不明者の発見場所だからである。

それも決まって、
痴呆症・自殺志願者なのだ。

つまり、この祠はそーいうマイナス思考的な人間や、
頭のネジがおかしくなってしまった人を
同じような境遇の霊が'呼ぶ'場所なのだ。

発見される場所は決まって祠の周辺、
残念な結果に終わる人、
九死に一生をえた人、
と様々な形で発見される。

ある生き延びた痴呆症の方はこう言った

「あの場所へ呼ばれた」

と。

ニュースや新聞沙汰にならないのは、
この場所を知られたくないのか、
知る必要がないのかは定かではない。

また、この場所以外にも、
上で述べた人々が呼ばれて吹き溜まりになる場所があるという。

生き延びた人々は皆言うだろう、

「誰かに呼ばれた」

と。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます