【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】彼女と車で旅行に行ったんだよ。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】彼女と車で旅行に行ったんだよ。 短編

IMG_1777.jpg

彼女と車で旅行に行ったんだよ。

田舎道を走ってたら
うらびれたスロ屋があってさ、
俺が打ちたい昔のスロ台が置いてるらしく
彼女に了解を得てスロット打ちに行くことになったんだよ。

彼女、博打の才能が全くなくて
引きが激弱なんだよね。

だから当然ギャンブルの類は一切しなくて
その時も私は車の中で寝てるから・・・って言って
車中に彼女残して
大体1時間くらいスロ打ってたんだよな。

んで、そこそこ勝って車に戻ったら
彼女の様子がなんかおかしい。

ドアを開けてどうしたのかと聞いたら

「よかった。今度はちゃんと本物が来た。怖かったよー!!」

とか言ってきた。

彼女の話によると、
助手席のシート倒して寝てる間、
俺が車にむかってきたらしい。

彼女はその時うとうとしてて
あれ?早いなぁ。と思ったんだと。

俺(らしき人)は
運転席を開けてくれというジェスチャーをしてきたらしい

彼女はあけようとしたけど、
何故か嫌な気持ちになったらしく、
同時におかしいと気付いた。

車のキーは俺が持って出てるんだよ。

車の中は全部ロックがかかってる状態で、
何故自分にドアを開けさせようとしてるのか?

何故持ってる鍵で開けようとしないのか?と思うと
怖くなって寝たふりをしたらしい。

しばらくしたらそいつがいなくなって
ほっとしてまたうとうとしてたら。

窓がコンコンと鳴って目が覚めたんだと。

で、俺がまた
運転席をあけてくれというジェスチャーをしてたらしい。

しかも、気味の悪い満面の笑みで
ずっと窓を叩き続けてたらしい。

そこで彼女失神。

俺が帰ってきた位のときにちょうど目をさまして、
鍵を使って運転席に入ってきた俺を見て安心したんだと。

これもドッペルゲンガーのうちにはいるんかな・・・。

とりあえず車中に彼女一人にさせるのはやめようと思った。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます