FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】付き合っている彼の家族は、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】付き合っている彼の家族は、 短編

IMG_2059.jpg


付き合っている彼の家族は、
彼以外霊感もちでそのせいもあってか
全く霊感がなかった私も見える事が増えてきました。

季節は秋で涼しくなり始めた頃、
彼と同じベッドで寝ていました。

急にじわじわ暑くなってきて汗もかき、
何度か寝苦しくて目が覚めてはまた寝て…
と繰り返していました。

そしてまた目が覚め、暑いと思い目をあけると
私の顔の本当にくっつくかくっつかないくらいの真正面に
怒ったような表情の見知らぬ男の人が見えました。

髪がないように見えたので
和尚さんのように思いました。

私はえ?と思い隣りをみると
彼はぐっすり寝ていたので彼ではありません。

また正面を見ると
じーっと私を見つめてます。

そして気付いたら寝ていたのか、
次に目が覚めたのは朝でした。

夢だったのかな?
と疑問に思いながらも、
あれは夢だったんだと自分に言い聞かせていました。

それから何週間か後、
彼のおじいさんが亡くなりました。

お線香をあげてほしいと言われ、
一度もお会いした事はありませんでしたが向かいました。

仏壇の写真をみるとはっとしました。

あの時の方だったんです。

厳しそうな…でも優しそうな表情をしていました。

それで怒ったように見えたんだとその時思いました。

帰り道彼の母から、

「前からあなたに会いたいと言っていたんだよ。
あんた(彼)の事も色々心配していたんだからね…」

と伝えられました。

彼の自宅の居間にはおじいさんの写真が飾られています。

私が見る度、なぜか額が傾いていて
私はそれを毎回直しています。

いつも見ていてくださってるのでしょうか…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます