【怖い話 実話 最も怖い話】「お母さーーんっつ!!」 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】「お母さーーんっつ!!」 長編

IMG_1215.jpg

ある日ワタシの祖母が朝から畑仕事をしていると、
隣家の倉庫から

「お母さーーんっつ!!」

って、ソコの家の長男Aが叫び声が聞こえた。

祖母は

「何事か?」

と、その倉庫へ行ってみると、
隣家のオバアさんBが首を吊っていて
Aが呆然としていた。

「コレは大変だ。」

と思った祖母は

「ウチの息子(ワタシの伯父)呼んで来るわ。」

とAに言い残して呼びに行った。

伯父が駆け付けると、Aは既に必死になって
自分の母であるBを下ろそうとしていたので手伝った。

ママンは

「Bさん『今年の農作物のデキが悪い』ってノイローゼだったみたい…。」

と言って

「でも、あそこのウチはオカシいのよ。」

と付け足した。

コトの発端は『白い蛇』だった。

まだママンが子供の頃、
実家に住んで居た時、
隣家の軒下に白い蛇が住み着いた。

蛇を気味悪がった、
隣家の当主Cが捕まえて畑に捨ててきた。

しかし翌日、
蛇はまた隣家の軒下に戻ってきた。

余計に気味が悪くなったCは、
蛇を更に遠くに捨てに行った。

でも翌日になるとまた戻ってくる。

何日かそんなコトを繰り返したという。

その中には、朝に捨てに行って、
Cが畑仕事を終えて帰宅すると、
Cより先に蛇が戻ってたこともあったらしい。

さすがに腹が立ったCは、
蛇を捕まえ、蚊まで首を切って殺してしまった。

それから数日もしない内に、
Cは原因不明の病に侵された。

高熱を出して、のた打ち回りながら、
あげく亡くなってしまった。

さすがにC家では

「コレはタダ事ならぬ。」

と、祈祷師を呼んで視て貰った。

結果、やはり

「蛇に祟られています。
これから四足の動物の肉を食べてはなりません。」

と言われた。

実際に祈祷師の言う通りにしていたのかは、
ママンも知らなかった。

そしてしばらく経った後、
ママンの2つ上くらいの長女Dが、
受験の事で悩み始めた。

Dは高校に進学したかったが、
当時は田舎で女子が高校にまで行くのは稀な上に
Cが亡くなって働き手が薄く、
C家は無理してDを進学させる余裕が無かった。

Dは結局進学を断念しなければならなかった。

Dは塞ぎがちになり、
当時のママンの目にも
Dがどんどんオカシくなっていったのが判ったという。

Dは

「進学したいよう~、進学したいよう~。」

と、泣きながらママンに言ってたって。

そしてとうとうノイローゼになったDは、
自宅の屋根裏の軒で首を吊った。

またしばらく時が過ぎ、
次女のEがお嫁にいった。

嫁いだ先でなにがあったのかは、
ママンは知らないと言う。

でも嫁いで1年もしない内に、
Eは飛び降り自殺したと、
ママンは聞かされた。

だけどママンは言った。

「本当は『首吊り自殺』だったのよ。
同じ家の者が同じ死に方したんじゃ
田舎では体裁が悪かったのよ。
だから『飛び降り』ってコトにしたって。」

それから更に三女のFが嫁いでいった先で子供を産んだ。

しかしFは育児ノイローゼになり、
赤ん坊を抱いて入水自殺を図った。

幸い、近くの者に発見され、未遂に終わった。

だが、目を離せない状態だったので、
一旦実家に引き取られた。

ソレが運悪く、田植えの時期だった。

田植えは短期間に植えられるだけの苗を植えてしまわねばならず、
親戚総出の作業だった。

なので、C家は人薄となり、
Fから皆、目が離れ、
昼の休み時に母であるBが様子を見に行った時には
Fは自宅で首を吊って亡くなっていた。

不幸中の幸いだったのは、
今度は子供を道連れにしなかったコトだった。

そしていつしか末っ子のAも嫁をもらった。

だけど、A夫婦の間には長く子供が授からず、
何年かしてやっと生まれた子供は奇形児だった。

その子も奇形の為か、
幼くして亡くなってしまった。

Bはそのコトを全部Aの嫁の所為にして、
かなり責めたそうだ。

A夫婦はほどなく離婚、
C家にはBとAだけが残された。

その後くらいだろうか、
ワタシはよくママンの実家に遊びに行っていた。

C家には犬が1匹かわれており、
ママンの実家の敷地からも見える所に繋がれていた。

当時小学生だったワタシの目にも、
その犬は『狂ってる』と判るほどオカシかった。

犬の視界に入ると、
鎖を千切らんばかりにヨダレを垂らしながら
コッチに向かって吠え立てていた。

目付きも血走っていて、尋常でなかった。

子供に2回噛み付いた、
とかで、保健所行きになった。

ワタシは中学生の時、
この話をママンから聞いた。

その時にはもう
C家にはAしか居なくなってしまったってコトだ。

話を聞いた後のお正月、
ママンの実家に行ったワタシは、
不思議な感じのする光景を見た。

正月なのでC家には
分家の者達も集まっているのだろう、
宴会をしていた。

それはもう、
かなりのドンチャン騒ぎであろう様子が、
ママンの実家の窓から見えた。

イイ大人が立って踊って歌っているのが、
大きく開かれた障子付きの大きな窓から見えた。

何人も自殺者を出している風に全然見えなくて、
夜なのに障子も閉めず、
まるで何かに見せ付けるように踊っているのが薄ら寒かった。

ワタシは高校生になった。

その高校がまた『出る』と評判の高校だった。

ワタシは何回か霊障に悩まされた。

突然、腕が上がらなくなったりしていた。

たまたまクラスメイトの部活友達のお父さんという方が、
寺で修行までした霊能者だと知った。

ワタシは藁にもすがる思いで、
そのお父さん霊能者の方に話を聞いてもらうコトにした。

霊障に関しては、対処法を教えてもらい、
すんなり解決した。
(今でも重宝してます。)

時間が余っていたので、
ワタシは他所様の家のコトながら、
ずっと気になっていたC家の話をしてみた。

お父さん霊能者はしばらく黙り込んだ。
(『霊視』ってのをしてたのかな?)

「…ああ、ソレはその祈祷師の言う通り祟られちゃってるね。
動物の中にはね、海で千年、山で千年
里で十日修行すると
『神様』に成れるモノがあるんだよ。
その『白い蛇』は、海で千年、山で千年修行して、
あと里で十日修行すれば神様に成れるってトコで殺されちゃったんだ。
そりゃ祟るよね。」

海で千年、山で千年て…。

気が遠くなるよ。

確かに祟るよ。ガクガク((((((;゚Д゚))))))ブルブル

お父さん霊能者は更に言った。

「だから、ソコのウチで祀ってあげればイイんだよね。
神様にしてあげればイイんだよ。」

ワタシはC家の祟りが解ける方法を知った。

しかし悲しいかな、
私はC家とは何の関わりも無く、
伝えることは出来ない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます