[超怖い話 実話]林は薄暗くて物音ひとつしない・・・ 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]林は薄暗くて物音ひとつしない・・・ 短編

IMG_1905.jpg


これは、聞いた話なんだけど・・・

ある少年が9月に季節はずれのカブト虫を
学校帰りに見つけたんだって。

少年はそのカブト虫を家で飼うことに決めて、

物置の奥の方から虫かごを持ち出し、
その中に拾ってきたカブト虫を入れた。

でも、どうも味気ない・・・

カブト虫は壁をよじ登ろうと、
箱の端の方をガリガリかきむしるだけ、

少年は午前0時を過ぎていたにもかかわらず、
カブト虫のために、枝を近くの林まで取りに行った。

林は薄暗くて物音ひとつしない・・・

それでも少年は

「すぐ済むから・・・」

と、林の中に入って行った。

林の中には思ったとおり、
たくさん枝が落ちていて、
少年は手ごろの大きさのをいくつか拾って、
すぐに帰ろうと立ち上がった。

その時、だ・・・

奥の方の木と木の間を、
[白い何か]が横切った。

少年はビクンとしたが、
あまりにも一瞬すぎたので少年は目を細め、
それが何か見極めようとした。

さっき見えたのはあの辺だったハズ!と、
少年は林の奥から目を離さなかった。

だからだろうか、
少年は自分の腕の中の変化に気付くのに時間がかかった。

少年はゾッとした。

ゴツゴツしていたハズの枝の感触が明らかに柔らかく、
なめらかになっている。

温度はさっきより格段に冷たくなっていて、
気味が悪い・・・

少年は暗い林の奥で固定されていた目線を、
おそる、おそる、下にさげていった。

・・・・そこには・・・

[手]

少年は顔を青ざめた。

自分が枝を抱えてると思っていた両手には
人間の[腕]が丸まる一本よこたわっているのだ。

しかも、その腕は只そこでそうしてる訳でもなく、
なんと・・

うごいた

・・・人間の関節じゃあり得ない方向に指を曲げて
まるで虫のようにカサカサと上の方まで上がろうとしてきた。

少年は恐怖と驚きで思わず尻もちをついた。

すると、次の瞬間・・・

腕は枝だった。

なにが起きたか分かるのだが覚えてない。

不思議な感覚だった。

「夢をみていた、」

と言ってしまうような・・・

少年は枝を抱え家に帰った。

違和感はあった。

でもそれを異常とは思わなかった。

枝を虫かごに入れた。

カブト虫は狂ったように暴れだした、

少年は虫かごにフタをして
過重なぐらいガムテープで固定した。

なぜか?・・・分からない、そうするべきだと思った、
と少年はのちに語っている。

その日、少年は床についた。

そして次の日、
なにも起きず無事に朝を迎えられたことに、
なぜか分からないが少年はホッとしていた。

しかし、この後に少年の体は鳥肌でおおわれる。

少年は虫かごのガムテープを少しだけ破がした・・・すると、
・・・・明らかにカブト虫がつけたとは思えない、
[5本のひっかき傷]が、虫かごの内側に深く刻まれていた。

そして、カブト虫は、死んでいた。・・・

・・・・ひきちぎりられたように。・・・

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます