FC2ブログ

[超怖い話 実話]顔が崩れた男が夢に出てきて怖い。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]顔が崩れた男が夢に出てきて怖い。 短編

IMG_1844.jpg

高校2年の時に修学旅行で沖縄に行った。

行く前に母から
沖縄では洞窟(ガマでしたっけ)にだけは行くなって
口が酸っぱくなるほど言われた。
(戦時中に皆そこに逃げて、
亡くなった人も沢山いたから霊の溜まり場なってるらしい。
私はそういうものを引き寄せやすい体質らしいから
絶対にガマには行くなと言われた)

だからクラスでガマに行くときには参加せずに
バスの中で待ってた。

担任に話したら了承してくれたし、
なによりバスの運転手とガイドさんが

「そういうのを感じやすい子は残った方がいいから、
君は正解だったね」

って言ってきた。

バスの中にいた時も胃痛が酷かったから
入らなくて本当によかったと思ったよ。

その時はガマに入らずに済んだんだけど、
修学旅行では自分で選ぶコースがあって、
あれで私はガマだと知らずに
洞窟探検というのを取っちゃったわけだ。

知った時は怖くて参加するかすんげー迷った。

でもそれは絶対参加しなきゃいけないやつで、
担当の先生も私の担任のように理解がある人ではなかったから
怖くて参加したくないとは言えなかった。

名称は伏せるが(言っていいのかわからない)、
そのガマは戦時中に子供が生まれたとかなんかで
結構めでたいことで有名。

でも亡くなった方はもちろん出てるわけだ。

ガマの中を水に濡れながら探検して、
その時はまだ友達と騒ぎながらだったから怖くなかったが、
中央部にたどり着くとガイドのおじさんが
戦時中に降伏を呼び掛けた外人の真似をし始めて

「当時ここにいた人達が体験したことをかんじてください」

と言い、
更にサトウキビ畑の唄を歌わせ始めた。

その時にラジカセが何故かノイズばっかで音が鳴らなくて
ガイドの人たちが

「あれ?さっきは鳴ったのに」

とか言ってたのが本当に怖かった。

んで、そんなことがあった沖縄から帰って来てからしばらく、
午前2~4時とか4時半くらいまで
数々の近付いてくるラップ音と金縛りが続いた。

もう半泣き。

熱が出て学校休んだりしたし。

更にはうちの母が(そういう第六感的なものが昔から強い)

「あんたが帰ってきてから金縛りに会うんだけど。
顔が崩れた男が夢に出てきて怖い。
何か持って帰って来たでしょ」

って言うんだよ。

確かにそのガマの岩で作られたキーホルダー
(ガマの中央部で宝探し的なことしてたときに偶然見つけ、
その場で友人に譲ればいいものの、
何故か知らないうちに持って帰ってきてた)と、
海で拾ったサンゴを持って帰ってきてて、
それを言ったら母に怒られた。

部屋に盛り塩しようとしたけど

「変なやり方したら怖いからやめろ」

とも言われた。

正直捨てたいんだけど
何があるかわからないから
捨てらなくて今も私の部屋にある。

2ヶ月くらいしたら
ラップ音も金縛りも何もなくなったが、
未だにふと思い出すと怖くなる。

そのガマで作られたキーホルダーとか海で拾ったサンゴは
今は何も害がない(と私は思っている)が、
このまま持ってていいのだろうか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます