FC2ブログ

【怖い話 実話 一番怖い話】死後、2ヶ月~3ヶ月 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】死後、2ヶ月~3ヶ月 短編

IMG_2378.jpg

当時、メゾネットタイプのマンションに住んでいた。

一棟に2世帯分しかない小さな建物だけど。

ある日の深夜3時頃、
激しい目覚まし時計の音で目が覚めた。

うちにある時計からではなく、
隣人の部屋から聞こえるものだった。

寝室は2階にあり、
隣の部屋の造りはうちと対象なので、
寝室も壁を隔てたすぐ隣。

間に壁があるとはいえ、
アナログ時計の「ジリリリリ」という音は
夜中だとかなり響いて聞こえる。

しかし一向に止まる気配はない。

隣人はよほど寝起きが悪いのか不在なのだろう。

3~4分待つと止まる。

不快に思いながらも
その日はそのまま眠りについた。

次の日の深夜、
また目覚ましの音で起こされた。

そして次の日も。

3~4分待つと止まる。

おそらく放置していても3~4分で止まるのか。

賃貸ではなかったので、
どこに苦情を出せばいいのかもわからず、
その日から1階のリビングで寝る事にした。

おそらく長期の旅行にでも行ってるのだろうと思っていた。

それからしばらくして
隣人は寝室で自殺しているという事が分かった。

警察も訪ねて来て事情を聞いた。

死後、2ヶ月~3ヶ月という事を聞いてゾッとした。

その間、毎晩壁を隔てた隣の部屋で
自分が寝ていたという事もそうだけど、
目覚ましの音で悩まされたのは、
まだここ1週間くらいの話という事に。

念の為その事は話したが、
その後どうなったのかはわからない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます