FC2ブログ

【怖い話 実話 一番怖い話】「バチバチバチバチ!」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】「バチバチバチバチ!」 短編

IMG_1307.jpg


レプリカの50cc買った時の体験談。

車の免許すら持ってなかった俺には、
その原付で走ることが楽しくてしょうがなかった。

当時走ってたのは、
家から大体20分くらいのところ、
山と山の間にあるド田舎の地区。

人がほとんど住んでないし、
家なんて本当に100mおき位にしかないし、
街灯も少ない。

昼間はトラクターが道路走ってる。

だけど、道幅も広いし信号もないし、
何より7時以降は一般車両も警察も来ない。

何より山合いをぬうようにカーブが続いてるんで、
初心者の俺が走るには最高の場所だった。

その日も夜10時になるのを見計らってバイクに乗って
その地区に向かった。

途中でセルフのスタンドに寄り、
タンクいっぱいにガソリン入れて、
一人で狂ったみたいにバイク飛ばしてたよ。

多分、時間は午前0時を回った頃だと思う。

さすがに2時間も走り続けると眠くなって来たんで、
どっかの自販機でコーヒー買って帰ることにした。

帰り道がてら、適当に自販機探してると、
一台だけポツンと立ってる自販機見つけたんで

「あ、ここでいいや」

って思って自販機の前で止まった。

とりあえず財布だして金入れようとしたんだが…
その自販機がどうも変なんだ。

やたら線香みたいな匂いがするし、
取り出し口も泥がついてるみたいで汚い。

それにコーラ以外全部売り切れてる。

正直気持ち悪かったけど、
結構ノドが渇いてたんで

「まぁ、いっか」

と120円入れようとした時。

いきなりライトが激しく点灯し始めた。

ボロい自販機だと、
ライトが不安定についたり消えたりする事があるけど、
あれは絶対にそんなんじゃない。

「バチバチバチバチ!」

って凄い音たてて、
なんか手拍子してるみたいに点灯してる。

正直、もうノドが渇いたとかどうでも良くなって、
急いでバイクに跨るとそこから逃げた。

走り去る途中にも、後ろから

「バチバチバチバチ!」

って音が聞こえてきて、
ただひたすら怖かった。

次の日、大学の講義が終わった後、
友達を誘って昨日の自販機があった場所に行ってみることにした。

昨日走った道を友達の車で同じように走り、
例の自販機がある場所に着いたんだけど…

そこには自販機なんてなかった。

萎びた花束と空き缶、
それに線香が数本立ってるだけだった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます