FC2ブログ

【怖い話 実話 恐ろしい話】電気を消して数分後 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐ろしい話】電気を消して数分後 短編

IMG_1407.jpg


私が中学生だった時の体験です。

夏、母と二人で
引っ越した友人の住む某県へ旅行に行きました。

そこには全国的にも有名な橋があるのですが、
古いもので昔は人柱も立っていたようです。

近辺の宿に到着したのは夕方。

案内された部屋は、
まあまあの広さでごく一般的なものだったと思います。

というより、
遠距離で疲れていたので
さっさと休みたかったしね(笑。

暫くしてから食事前に散歩でもしようかと、
橋を渡ってブラブラしてました。

眺めがいいね、
なんて結構楽しんでたくらいです。

その夜は明日に備えてということで、
さっさと入浴し観光地の確認をして布団に入りました。

電気を消して数分後、
母はクカークカーと寝息を立てていて、
寝るの早っと隣で感心しちゃったよ。

私もさて、寝よう。

と思ったら突然、
白い球体が現れて壁の辺りに移動して消えていきました。

なんだあれ、
と目で追うと数が増えていく。

しまいには消えずに部屋から出て行かないし、
ウロウロしだす始末。

正面だけで軽く10体はいたと思う。

これはヤバイよ!

慌てた途端、
目の前に白い光の線が横切り、
球体の団体さんがそこを避けるように
部屋の隅に移動したようでした。

何事かと呆然としていたら、
今度は金縛り。

そして視線を逸らせば
赤い人型の影(二体で上半身だけ)が
ゆらゆらこっちを見てました。

こっちみんな!と思って泣き出しそうになったら
右肩に妙な感じがするので、
ビクビクしながら振り向くと、
白い霊が背後でスタンバイ。

それでも母は熟睡中。

ひたすら寝てます。

ぎゃああああっと布団被って気絶しました。

目を閉じても霊が見えるし感じるので
正直、気を失って助かりました。

翌日、友人と橋で再開したのですが
怖くて写真を拒否しました。

その宿に二泊三日だったので、
勿論、電気をつけたまま寝ましたよ。

だって消した途端にでてきたから。

家にもお持ち帰りしちゃったし(笑

何処行ったのかしらないけどね。

それから携帯電話、プリクラ、カメラのそれぞれで
心霊写真が写ったので、写真はもう嫌いです。

現在21歳ですが二年前、
東京で自分の進路占ってもらったら先生に、
霊感あるでしょと言われてガックリきた。

勘弁して~。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます