FC2ブログ

【怖い話 実話 恐ろしい話】「100m道路への不安感」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 恐ろしい話】「100m道路への不安感」 短編

IMG_2450.jpg


オレが小学生の頃、
近所の中学校の近くに人面犬が出るって話があった。

その中学校の周りって住宅街なんだけど、
生徒が登下校する時間帯以外は無人地帯になるんだよ。

車も通らないし、
帰りの生徒が車道を歩いても全然問題にならない位でさ。

学校周りの一辺が100m以上だったかな。

それが時間を問わずに無人なもんだから、
小学生でも低学年の内は、
皆なんとなく避けてたね。

近付くのを。

んで昔ってさ、
野良犬が結構いたんだよね。

授業中に校庭に駆け込んで来たりとか。

友達と公園で遊んでて、
突然に乱入とか。

犬が苦手な友達とかは、
泣き叫んで逃げてた。

訊いてみたら、同級とか、
兄弟の世代でも同じ感じで、
皆なんとなく、
犬に対して苦手意識を持ってた。

だから当時のオレは、

「100m道路への不安感」



「犬に対する恐怖感」

が一致して、
この噂が生まれたんじゃないかと考えたんだ。

でも、そのとき、疑問に思ったんだ。

「何で今、そんな噂が出てくるだろう」

って。

学校で何かが流行る時って、
大抵の場合は由来があったから。

遊びの種も、笑いの種も、苛めの種も。

今思い返しても、
それらの由来の大半はTV番組だったと思う。

でも、オレが小学生だった当時でさえ、
人面ナントカなんて時代遅れも甚だしいものだったんだ。

噂を耳にした前後、友達に訊いたり、
新聞を遡って色々チェックした。

案の定、
TVとかラジオでそんなものを取り上げはしてなかったし、
他所で流行っているという事も無く、
何かこう、突発的に現れた印象だった。

だから当時のオレは、
好奇心にに突き動かされて、
期待半分、何もないだろうっていう気持ち半分で
調べにいったんだよ。

勿論、本人としては調査のつもりだったけど、
実際には、目撃したという幾つかの噂から、
出現頻度の高い場所を選んで行っただけなんだけど。

まだるっこしいのは嫌いだから、
結論から言う。

噂の基となるものは、居た。

夕暮れ時さえ過ぎて、
辺りが蒼く暗くなったその時、
100m道路の向こうから、
四つん這いで此方目掛けて走ってくるオッサン。

歪な身体つきで、
でも妙に小柄な姿。

暗色のトレーナーを着ていたと思う。

口は犬みたいに開けていて怖かった。

髪は角刈りだった。

当時は恐怖で頭の中が真っ白になっていて、
目撃した瞬間、本当に本物の人面犬だと思った。

此方に走ってきていたと思ったが、
道路の半ばで横の道に駆けていった。

其処まで見てからオレは走って逃げた。

書いてて脂汗が出て、
気分も悪くなってきた。

克服したと思っていたけど、
思ったよりも根深いトラウマだったみたい。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます