FC2ブログ

[超怖い話 実話] キュルキュル 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] キュルキュル 長編

超怖い話 実話 長編


怖い話好きの友人から聞いた話です。

大学生の男3人で伊豆の方へ、夏休みに泊まりに行った。

一人の友達が、親が別荘を持っていたので、女の子でもナンパできるかも・・・と淡い期待を持ちながら。

しかし、ナンパは出来ずに、最後の夜になってしまった。

最後の夜として、部屋で酒を飲んでいると、電話が鳴ったそうです。

すると、仲間のA君が 

「 今日の昼間に、海でナンパした女の子に電話番号を教えたからその子かもしれない・・・」

そう言って電話に出てみると・・・


『 もしもし・・・あなた キュルキュル でしょ?


キュルキュルの部分が、テープが早送りみたいに聞こえて、よく聞き取れなかった。

「 え? いたずら電話なら切るよ 」

ガチャ・・・電話を切った。


IMG_1445.jpg

それから2週間が過ぎた頃に、A君が亡くなった事を知らされた。

3人で別荘に行った仲間の一人が、「もしかしたら、あの電話と関係があるのかもしれない・・。」


と言い出した。

そして

「 もし、電話が掛かって来たら 絶対に切ってはいけない 」

次は俺の番かもしれない・・・と怖がっていた友達は、その1週間後に事故で亡くなった。

葬儀の夜、最後に残った男に1本の電話が掛かってきた。


「 はい もしもし 」

『 もしもし・・・ あなたキュルキュルでしょ? 』

何も答えないで黙っていると、ずっと同じ事を繰り返している。

「 キュルキュルって 何だよ?!!聞こえないよ!!」

と言っても、同じ事の繰り返し。

電話を切ったら殺されると思ったので、ずっとそのままにしていた。

朝が来ているのか、外が明るくなった時だった。

もう、何百回も、もしかしたら何千回も同じ事を繰り返し聞こえてきたのに、少しの間があいた・・・

すると、野太い男の声で・・・


『 もしもし・・・あなた 死にたいんでしょ? 』


そう言って、電話は切れた。

電話を切らなかった彼は、今でも元気に生きているそうです。


超怖い話 ランキング ★★★★☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます