FC2ブログ

[超怖い話 実話] 山の登りに会った不思議な青年 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 山の登りに会った不思議な青年 短編

超怖い話 実話 短編


5年前に亡くなった私のお爺さんは、山登りが趣味でした。

定年になってから趣味として山登りを始め、健康の為にも時間がある日は山登りへ出かけて行きました。

そんなある日の山登りで、『 不思議な青年に会った』 と言ってました。

お爺さんが、山登りで頂上まで行き、下山する頃に黒いジャージ姿に 赤いリュックをしょった青年が

挨拶をしてきたそうです。



IMG_1881.jpg

青年は

「 こんにちは〜今日は私達だけの様ですね。他に人には会いませんでしたよ。」

そう言って、少し座って話しをしたそうです。

どんな内容かは忘れてしまったそうですが、学校で先生をやっている方だったそうです。

「 では、私はこれから頂上へ行きますね 」

そういって、青年は頂上を目指したそうです。

おじいさんは双眼鏡を持っていたので、頂上付近に青年が行ったかどうかを見ながら下山したそうです。

下山して、数分がたった時でした。

さっきと同じ様な格好の青年が、前を歩いていたそうです。

さっき頂上へ行ったばかりなのに、もう下山しているのはあり得ない・・・・

その差は10m程だったので、おかしいな・・・・と思い、おじいさんは声をかけたそうです。

「 ちょっと・・・さっきの・・・」

でも、その青年は聞こえているのに、無視をして早足で下山していく。

お爺さんは早足で行くと、その青年も早足で行く・・・

どうしても追いつかない・・・

奇妙な出来事として、お爺さんはカメラに収めようとした時には

” 目の前にいた青年は いなくなっていた ”


「 不思議な事があるもんだな〜・・・」

亡くなったお爺さんは、言ってました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます