FC2ブログ

[超怖い話 実話] あの世からの訪問者は怖くない 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] あの世からの訪問者は怖くない 短編

超怖い話 実話 短編


小学校の時に仲が良かった友人が体験した話。

夜の8時ごろに、学習机で学校から出された宿題をしていた。

机に向かって勉強をしていると、襖の開く音がした。

音のした方へ目をやると、勉強部屋と寝室を仕切っている襖がほんの少し開いている。

壁と襖の間にできた天井近くの隙間から

顔が覗いていた。

寝室には二段ベッドを使っていて、上の段は弟が使っていた。

きっと、隙間から覗く顔は弟のものだと思い 「おい !おどかすなよ!」と注意して宿題に戻った。


だけど、何かがおかしい・・・


もう一度、開いた襖の奥を見てみた。

隙間から覗く顔は、こっちを見て ニコニコ顔だった。

覗いている顔は、真っ直ぐに浮いていた。


 ”  弟じゃない・・・”


IMG_1838.jpg

でも、怖くはなかったのだそうだ。

「 そんなのお化けじゃん! 何で怖くないの? 」

と、聞くと。

『 だって おじいちゃんだもん 』


時々、出るみたいです。

あれから何十年も経ってますが、未だに出るんだそうです。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます