FC2ブログ

[超怖い話 実話] 友達の一人がある物を発見した。短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 友達の一人がある物を発見した。短編

IMG_1949.jpg


中学生の時、
友達数人で近所にある小さな神社に行った。

普段は人が出てこない寂しい神社で、
金も払わずにミクジを引いたり、
神社の裏でタバコを吸ったりしていた。

そんな中、
友達の一人がある物を発見した。

オレンジ色のラベルの古いカセットテープだった。

何が入っているのかは書かれてない。

それが神社の賽銭箱の向こうにひっそりと置かれていた。

「供養してもらうように置かれたテープかも・・・
何が入ってるんだろう・・・?」

という話になり、
盗んで神社を後にした。

暗くなるまで遊んだ後、
誰の家で聴くかでもめて

「やっぱり気味が悪いね」

と聴くのをやめた。

そのまま捨てるのも呪われそうで気が引けるし、
翌日にでも皆で戻しに行こうという話になり、
その日は友人Aが持って帰った。

その晩、友人Aの家が火事になり、
本人は無事だったけど母親が焼け死んだ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます