FC2ブログ

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】姿形は全く見えない 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわじわくる怖い話】姿形は全く見えない 短編

IMG_2657.jpg


俺は霊体験も無いが、
ただ一つ不思議な話を親父から聞いた。

親父は真面目で、
嘘をつく様な人間ではない。

毎朝、
山仕事で家の近くにある山に行くのが日課になっており、
その日も山で作業をしていた。

人の声が聞こえるから、
声のする方に向かったが、
声のする方との距離は縮まらず、
姿形は全く見えないが、
聞こえる声は、

「今日は三人の客が来るから、
大急ぎで支度をしなきゃならない」

と言っている。

一体何事なのかと訝しんで、
ドンドン山奥に入っていくと、
突然声は聞こえなくなり、
辺りはシーンと静まり返り、
今いる所が何処か全く分からない。

ふと、川の流れる音が聞こえ、
その方向に進んでいくと、
小川の向こう岸に、
蛇・蛙・鼠・鳥など色々な動物の屍骸が、
三つこんもりとした山の形に積まれている光景が現れた。

それを見た親父はどこをどう走ったか、
もう無我夢中で駆け、
蒼白の顔をして家に辿り着いた。

それ以来、親父は、
その光景を見た山に入ろうとはしなかったんだ。



関連記事
【じわ怖】谷川岳の救難無線
【じわ怖】次はどうなる
【じわ怖】山中の声
【じわ怖】牛ヶ首
【じわ怖】赤い服の人
スポンサーリンク



セルフカットで大失敗。母がドン引き、会社で大爆笑の髪型がこちら
【洒落怖】受話器
【ほん怖】焼死体の第一発見者
【意味怖】密室の戦い
【洒落怖】都会の地下に潜む者
【意味怖】夢の中で

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます