FC2ブログ

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】母親は俺の昼食を用意した後、短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落にならない怖い話】母親は俺の昼食を用意した後、短編

IMG_2489.jpg


俺が小学校5年の夏に、
結構な大風邪を引いたんだ。

熱が40℃近くあった。

とりあえず学校休んで
朝一番に病院に連れて行かれ、
昼前に帰ってきてベットで寝転がってたんだ。

母親は俺の昼食を用意した後、
仕事に行った。

貧乏だったからな。

休むわけにもいかなかったんだろう。

俺は軽く昼食を取り、
戸締りを確認した後、
テレビ観たり漫画読んだりしながら寝転んでたんだが、
さすがに寝ないとよくならないんじゃないかと思い、
目を閉じた。

しかし、なかなか眠れない。

喉は焼けるように熱いし、
鼻が詰まってうまく呼吸は出来ないし、
肺も痛くなって、本格的にしんどくなってきたんだ。

正直死ぬんじゃないかと思うくらいしんどかった。

しばらくうなされてたら、
俺のおでこと胸のあたりに、
誰かの手らしきものが乗っかってきた。

触ってみたら、
どうやら若い女の人の手のようだった。

母親にしては細くてすべすべな気がしたが、
ひんやりとして気持ちがよかった。

その手が触れてから、
さっきまで苦しかったのがスーッと引いていって、
その手が誰のものか確認する間もなく、
すぐに眠ってしまった。

夜になって
母親に昼に一度帰ってきたかどうか聞いてみたが、
帰ってないとのことだった。

父親も仕事だし、
その時間には確実に誰もいなかったはずだ。

あの時の女の人は誰だったんだろう。

正確には女じゃないのかも知れないけど、
多分女の人だったと思う。

あれから現れたことはないけど、
今もその人にはとても感謝している。

ありがとう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます