FC2ブログ

[超怖い話 実話] 待ち伏せの女 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 待ち伏せの女 長編

超怖い話 実話 長編


ある男はアパートに引っ越した。

ワンルームの賃貸で、昔ながらの青アートの6畳の部屋。

築年数が経っているアパートだったので、部屋が汚く掃除をしていると

まっすぐの黒くて長い髪の毛が沢山落ち着いた。

前に住んでいた住人の人の髪の毛なのか? 髪の毛は部屋中に落ちていたそうだ。

それからしばらくして、また掃除してたら長い髪が落ちている・・・

気持ち悪くなったので、徹底的に綺麗に掃除した。

すると、掃除した翌日に、今度は自分の枕元に髪が落ちてた 。

彼女はもちろんいないし、引っ越してから女性を入れた事はなかったのに。

その日から、落ちてる髪が増えてる。

” 怪奇現象なのか・・・? ”

自分以外の誰かが部屋に入ってるのか・・・?

そしたら、泥棒? 幽霊?

でも特に何も盗られていないので、警察に連絡する事が出来なかった。

証拠を掴みたくて、外出している時にビデオカメラをセットする事にした。


IMG_1400.jpg

家に帰ってきてから、カメラからビデオ取り出して再生してみた。

再生すると、準備してる自分が映ってた。

部屋を出ていく・・・

しばらくして、押入れから女がでてきた。

その女の髪は黒くて長くて” 手には斧を持っている ”

その女は特に何をするでもなく、ぶつぶつ言いながら髪の毛を引っこ抜きながら

ぐるぐると部屋の中回っているだけ・・・

早送りしても、同じ様に部屋の中を歩いているだけでした。

少したつと、鍵を開ける音・・・・・女は すっ と押入れに戻っていった。

部屋に入って、カメラを止めてる自分が映っている。


「 自分のすぐ真後ろの押し入れの中には 

             女がいる・・・ 」



すぐに部屋から飛び出し、警察に行った。

部屋に戻ってみると、女は居なかったが・・・・

部屋の鍵は空いていて、押し入れの中には大量の髪の毛と 黄色い液体が入ったペットボトルが沢山入っていた。



超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.07.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます