FC2ブログ

[超怖い話 実話]仕事の関係で朝五時には家を出る。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]仕事の関係で朝五時には家を出る。 短編

IMG_1281.jpg


仕事の関係で朝五時には家を出る。

家族を養うとはいえきつい。

ある日いつものように少し離れた駅まで歩いていると、
白いワンピの女が犬の散歩をしていた。

彼女は美人さんだったが、
驚くほどに無表情。

朝から怖いものを見せ付けられた感じ。

次の日もその次の日も彼女を見かけた。

ただ不思議なのは連れてる犬が違うことだった。

ウチも犬を飼ってるが、
俺自身は詳しくないので犬の種類は知らんが…。

さらに目を引いたのが、
犬の頭に赤い×(ばってん)が書いてあること。

マジックで書いたのか、
荒々しく掠れ掠れな感じの。

しかしある日を境に見なくなった。

少し寂しく感じた…というのも、
私自身彼女に魅了されてたからだろう。

なんとも恥ずかしい話である。

私は最寄の駅近くの飲み屋によく行くのだが、
そのことを店主に話した。

すると店主は顔を強張らせて
次のようなことを教えてくれた。


・どうやらその女は犬を十数匹殺して、
今は警察のお世話になっているらしい

・犯行を行うのは朝6時頃で、
被害が多かったのがこの地域
(多分これにより、私の見かけた女と一致したと思ったのだろう)

・障害を持っており、
犬のある特定の鳴き声を聞くことで異常行動を起こす

・反面、犯行は計画的。
犬の餌に薬を混ぜ、ぐったりさせてから連れ出す

・殺し方はとてつもなく残忍。
ゴミ袋にくるみ、
その上からあらかじめ付けた印目掛けてノミでめった刺し


いっきに酔いが醒めたが、
俄かに信じられなかった。

あまりにギャップがありすぎるし、
多分作り話だろうと思った
(店主も聞いた話と言ってたし)

そんなことも忘れた頃、
いつものように朝早く家を出ると
笑顔の女の人がいた。

「忘れ物を取りに来ました」

突然言い放つと私の制止も構わず、
玄関近くの植木鉢をごそごそ何かを探していた。

捜索が終わったのか、
急に踵を返し歩いていった。

少し離れたくらいで、
パッと振り返り

「ありがとうございました。また来ます。」

無表情だった。

紛れも無くあの女だ。

手に赤いサインペンを持っている。

現在は遠くに住む親戚に犬を預けている。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます