FC2ブログ

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】 短編

IMG_2403.jpg


旧家の主に聞いた話。

十数年前の春、
前年に亡くなった父親の墓石が裏山の墓地に置かれた。

ところが、しばらくすると
その墓石が倒れて破損してしまった。

すぐさま新たな墓石を建てたが、
数日を置かずして倒壊してしまう。

只の悪戯とも思われたが、
その為に不寝番を置く訳にもいかず、
家の者は弱り切っていた。

秋になって、
台風による強風のせいで墓地近くの木が何本か倒れてしまった。

その中の一本は父親が生まれた際に植えられた木だったが、
根っこに大きな石を抱えたままひっくり返ってっていた。

石を引きずり出して調べてみると、
表面に父の名前と戒名までもが刻まれている。

そこで、それを洗い清めて墓地に据えることにした。

以来、墓石が倒れるような事はなくなった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます