FC2ブログ

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】妙なものが目に入った。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】妙なものが目に入った。 短編

IMG_1610.jpg


自転車仲間に聞いた話。

夕暮れ時。

林道をMTBで爆走し、
小さな湖のほとりで休憩していた。

日没に赤く染まった湖面を眺めていると、
妙なものが目に入った。

水際に、黒い蓮の葉のようなものが浮いている。

(黒い蓮の葉なんてあるのか?
サイズもアマゾンの大蓮なみに大きいし…)

そんなことを考えながら水を飲んでいた。

と―――蓮の中央がゆっくりと盛り上がる。

最初は耳。次に鼻。口…

長い黒髪の女が水面から姿を現した。

肝を潰して自転車に飛び乗った。

全速力で来た道を下る。

麓の駐車場に着いた。

一息つく間もなくキャリアに自転車を積み込む。

ふと、下ってきた道の入口に目をやった。

全身が凍りつく。

さっきの女がこっちを見ていた。

こんな時間で追いつけるハズがないのに…

青白い顔に、
そこだけが紅い唇を少し開け、
ゆっくりと近づいてくる。

車に乗り込み、
猛然とスタートさせた。

国道に出るまで、
バックミラーは一度も見なかった。

自宅にたどり着いても
震えが止まらなかった。

自転車を玄関から放り込んで鍵を掛ける。

そのまま、友人の家に転がり込んだ。

翌日の昼、
友人と一緒に自宅に戻った。

鍵を開けて中の様子を伺ったが、
妙な気配は無い。

玄関に放り出しておいた自転車を仕舞おうと
しゃがみ込んだ。

前輪のスポークとサスペンションに、
長い黒髪が絡みついていた。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます