FC2ブログ

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】「こんどは手袋だよ」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 じわじわくる怖い話】「こんどは手袋だよ」 短編

IMG_1854.jpg


友達と防波堤で釣りをしてたんだけど、
友達の一人がトランクスを釣り上げて、
みんなで

「おまえ漫画かよ」

とか大笑いしてた。

それから結構してから、
今度は俺がゴム手袋を釣り上げて、

「こんどは手袋だよ」

とかまた笑った。

ところが、
その手袋には爪が生えてて、
赤いマニュキアまで塗ってあった。

それはゴム手袋なんかじゃなかったんだ。

もうぶよぶよした人間の手首だったんで、
みんなで驚いたのだけど、
まだ携帯とか無い時代だったので、
すぐに警察に電話もできず、
海に捨てちゃうわけにもいかず、
とりあえずクーラーボックスに入れておきました。

帰り際にでも警察に届けよう、
という話にもなったんだけど、
結局みんな落ち着かずに、
警察に行くことにしました

車の持ち主が

「車にそれを乗せるはいやだ」

と言い出したので、
クーラーボックスはそこに置いたままで、
とりあえず皆で交番を探しに車でいきました。

交番は10分もしないくらいで見つかり、
おまわりと話をしました。

じきにパトカーがきて、
そのパトカーをひきつれて釣り場に戻った。

そのときにクーラーボックスは、
堤防のへりから1mくらい?のとこに置いてあった。

堤防から海面までは3mはあったんだけど、
おそろしいものを見てしまったんだ。

ぶよぶよってゆうかヌメヌメした感じの女が、
海から堤防に這い上がってきて、
クーラーボックスに手を伸ばしてた。

俺は思わず「わー」と声を出してしまったが、

おまわりの一人も見たようで
同じように驚いてた。

女は一瞬で消えてしまったけど、
それは気のせいとかではなかった。

その証拠に、
おまわりの一人も見ていたし、
その部分に水が残っていた。

もう一人のおまわりや俺の友達は、
見えなかったようだけど。

俺たちが嘘を言ってるとは思わないみたいだけど、
でも信じ難い、みたいな感じで微妙な空気だった。

もう一人のおまわりは、
まったく信じてないようだった。

見ちゃったほうのおまわりはかなりてんぱってて、
俺も余計に怖くなった。

見てないほうのおまわりがクーラーを開けて、

「うわっ」

と言った。

クーラーの中の手首が、
中の魚(どんこって言う奴)を
ぎゅっと握りつぶしてたんだ。

俺たちがいたずらでやったみたいにさんざん疑われたけど、
そんな事するわけないし、
見たほうのおまわりが説得してくれて、
俺たちはちゃんとした警察署に行って、
事情を詳しく聞かれることになった。

手首自体はバラバラ殺人の被害者で、
ちゃんとした物体(霊ではない)で、
犯人もしばらくして逮捕されて、
事件としては解決したようだった。

手首がどうやって魚を握ってたのかは、
俺たちが説明を受けることはなかったので謎。

ただ、
俺じゃなくて俺の友達に、
このあと色々おこります。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます