FC2ブログ

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】昔の話で、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】昔の話で、 短編

IMG_1289.jpg

>昔、某月刊少女漫画誌の読者の手紙を紹介するコーナーに書いてあった話。



その月のお題は『お母さん』で、みんなお母さんありがとう的な内容だった。


その中で一際目立っていたソレ。




『むかし、お母さんが死ねばいいのにと思って、、

お母さんのご飯に洗剤をかけました。

でも今はお母さんが大好きです。いつもありがとう。

(〇〇ちゃん・四年生)


編集部より…お母さんが無事でよかったね。これからは大切にしてあげてね。』





【解説】





















小学四年生となると、大体10歳くらい。



『むかし、お母さんが死ねばいいのにと思って』

『むかし』というのはいくつくらいのこと?



と考えると、この書き手は大学四年生?



文体が幼く感じてしまうのはわざと?





仮に小学四年生だったとしても、

小学四年生よりも昔の話で、

『お母さんが死ねばいいのにと思って、、お母さんのご飯に洗剤をかけました』

という発想をすることが末恐ろしい…。





というか、そもそも「お母さんありがとう」的な内容で

こんな話を持ち出す編集部もまた恐ろしいのだが…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます