FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】留守電に知らない番号のが入ってた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】留守電に知らない番号のが入ってた 短編

IMG_1599.jpg

ある日バイトの休憩時間に携帯を見たら



留守電に知らない番号のが入ってた



聞いてみたら女の声で



「○○(知らない男の名前)どうして出ないの?殺すよ?

許してほしかったら掛け直すか開けて。私本当に死ぬから」



って入ってた



内容にガクブルしつつこんな電話間違えんなよーと思ってたら



バイト終わってからまた同じ番号で入ってて



「ごめんなさい。間違えていました。ただの喧嘩ですので心配しないでください」



と入ってた



わざわざ弁解するなんて通報されると心配したんだろうか





【解説】



















『許してほしかったら掛け直すか開けて』

という言葉から知らない男の部屋の前から

女が電話をかけていると思われる。



「部屋にいるのはわかっているんだから、

電話に出るか、ドアを開けろ!!」

ってことですな。



間違い電話なので、

知らない男の電話は当然鳴っていない。



しかし、女はこの知らない男に無視されていると思って激怒している。



『ごめんなさい。間違えていました。ただの喧嘩ですので心配しないでください』

とあるので、女は自殺していない。



ただの喧嘩なのであれば、

わざわざ弁解する必要もないが、

当事者としては気になるところだと思うので、

電話をかけてもそこまで不自然ではないように思う。



しかし、これが本当に通報されるのを恐れていたのだとしたら・・・



電話に出ない男に激怒した女は

部屋に無理やり押し入り、

勢いで殺してしまったとか?



そして、電話の履歴を見たところ、

別の人にかけてしまっていたことがわかり、

慌てて弁解した…と。





こういう流れよりも、

こういうことを電話で話してくる

この女の人が本当に怖い・・・。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます