FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】不思議な自動販売機である 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】不思議な自動販売機である 短編

IMG_1595.jpg

ここに1台の自動販売機がある。



誰も通らないような、



民家の路地に設置された不思議な自動販売機である。



値段も不思議で、商品の全てが85円だった。



この自動販売機を使用したのは今までで4人だけだ。




最初はアメリカ人だった。



「コーラ」を満足気に飲み干す。




2人目は中国人だった。



「ウーロン茶」を満足気に飲み干す。




3人目は日本人だった。



「血の缶ジュース」に恐る恐る口を付ける。



日本人は死んだ。




4人目の客はインド人だった。



「血の缶ジュース」を満足気に飲み干す。




インド人は思った。



日本人はなんてバカなのであろうか。





【解説】



















缶の口元には毒が塗ってあって、

ジュースには解毒剤が入っている。



日本人だけが恐る恐る飲み干したために

日本人だけ解毒されず死んでしまった。



それぞれに国民性を皮肉ったものですな。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます