FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】(追い出したのか) 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】(追い出したのか) 短編

IMG_1325.jpg

姉が体調崩したらしいとお袋に聞かされた。



結婚したものの不倫浮気だ離婚騒動だで現在もめている真っ最中だそうで。



その心労だろうとの事。



正直俺は、生来気が強くて家出同然に飛び出して行った姉貴に今更関わりたくなかったんだが、



やっぱり親だから気になるのだろう、お袋は様子を見に行きたいと言う。



お袋一人で遠い町まで行かせるのは気が引けるし、結局俺が車を出して同行する事になった。




姉貴は思ったよりも元気だった。



生来の負けん気で元気に見せているだけかもしれないが。



機嫌もよかったのだろう、ニコニコしながら出迎えてくれた。



姉夫婦の持ち家である広い庭付き一戸建てで、今は一人で暮らしているそうだ。



「旦那は出てったきり帰ってこないのよ。連絡無いし、する気も無いし」



(追い出したのか)



そう思ったのを悟られないようにとっさに庭に目を移す。



お袋に似たのだろう、庭は色とりどりの花で飾られている。



名前の分からない花が並ぶ中で、隅のほうに見知った花が咲いているのが目に付いた。



「あのアジサイ、うちのとは色が違うな」



何の気なしに口に出す。



「え?ああ、肥料やりすぎたかしら」



「アジサイは同じ株でも土地の成分で色が変わるのよ」



姉貴とお袋の声が聞こえた。



言われて改めて見直すと、確かに少し離れた場所で咲いているアジサイは同じ咲きかけでも色が違う。



「でも肥料が合わないみたいなら、残りは家で使おうか?
ちゃんと車で来たからすぐにでも持って帰れるわよ」



「…そう?うん、じゃあお願いしちゃおうかな。
手作り堆肥だからちょっと匂うかもだけど宜しくー」



「宜しくー」



「うっ…」



こういう時の息の合い方とかやっぱり親子だ。



まあ乾燥させるタイプの生ごみ処理機?で出来たものらしくて殆ど匂わなかったのは不幸中の幸いだ。




その後、姉貴は旦那とは相変わらず連絡取れないままらしい。



「ちょっと頭が冷えたからもう少し様子見る。母さんにも宜しく」



様子伺いに電話したら、姉貴はしおらしくそう話してた。





【解説】



















アジサイの花は土の酸度によって色が変わる。



酸性が強いと青色に

アルカリ性が強いとピンク色に。



日本の土の酸度は基本的には弱酸性。



なので、青系のアジサイが基本になる。





そして、この話では、

『確かに少し離れた場所で咲いているアジサイは同じ咲きかけでも色が違う』

とあるため、場所によって酸度が異なっている。



基本は青系なのだから、

色が違うことをちょっと不思議に思っている語り手は

きっとピンク系のアジサイを見たのだろう。



人の体はアルカリ性なため、

色が変わっている場所には

死体が埋められている可能性がある。



その死体とは・・・?



当然旦那の死体である。



姉は旦那を殺して埋めた。



ただ、

『手作り堆肥』

『乾燥させるタイプの生ごみ処理機?で出来たものらしく』

ということから、

死体らしきものは掘り起こしても出てこないだろう。



肥料として粉々にされているはずなため、

語り手が掘り起こしても死体は出てこず、

語り手はそのことに気付いていない。



ただ・・・もしかしたら母親はそのことに気付き、

姉も気づかれたと思い、

『姉貴はしおらしくそう話してた』

としおらしくなったのだろう。





『姉が体調崩したらしい』

とあるが、死体を肥料にする手間は相当なものだろう。



だから体調を崩したのではなかろうか…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます