FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「本当ですか!?これで助かるんですね」 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】「本当ですか!?これで助かるんですね」 短編

IMG_1575.jpg

医者「臓器適合者が見つかりましたよ」



患者「本当ですか!?これで助かるんですね」



医者「あと数ヶ月遅かったら手遅れになる所でした。

ところでドナーカードはお持ちですか?」





【解説】



















患者は臓器移植を受ける側ではなく、

臓器を提供する側となった。



『本当ですか!?これで助かるんですね』

という言葉からも患者は自分が助かると思っていたはず。



しかし、おそらくもうこの患者には

助かる見込みはないと判断されたのだろう。



患者を助けることよりも別の人を助けることにした。



天国から地獄とはまさにこのことか…。



…これは現実で起こり得ることなのだろうか?



もし起こり得ることであれば、

なんとも残酷なことである。





ここで気になるのは『ドナーカード』。



ドナーカードは脳死状態や

心臓が停止した際に用いられるもの。



つまり、語り手が生きているため、

ドナーカードを持っていようがいまいが

関係ないはずである。



しかし、医師曰く

『あと数ヶ月遅かったら手遅れになる所でした』

とのこと。



となると、語り手の余命があと1ヶ月くらいしかなく、

語り手が亡くなってからドナーカードを使って

別の人の移植を行おうと考えているのかもしれない。



語り手の余命がもっと長いのにこんなことを言っているとすれば、

事故か何かに見せかけて語り手を殺し、

臓器移植をさせようとしているのかもしれない…。



どちらにしても、語り手は助かることはないどころか、

近い内に死んでしまうだろう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます