FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】彼に霊感がある事 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】彼に霊感がある事 短編

IMG_1425.jpg

大学の同じ場所にいつも座ってるヤツがいた



俺も1人が多かったから、いつの間にか仲良くなった



話してるうちに彼に霊感がある事が解ったんで



前から『なんかいるんじゃないか?』と思ってた場所に



内緒で連れて行って様子を見る事にした



その場所に着くなり、彼の顔色が変わった



『これは、、やっぱり何かいるんだ!』と思ってたら



彼が青い顔でこう言った



『俺、ここで死んだんだった』





【解説】



















語り手は相手が普通の人だと思っていたほど、

相手ははっきりと存在していたのだろう。



『彼に霊感がある事が解った』

と言っており、

なんかいるんじゃ?と思っていた場所に連れて行ったことから、

語り手には霊感がないはず。



にも関わらず、

死んでしまったはずの相手をはっきりと見えているということは

語り手もすでに死んでしまって

同じ土俵にいたからはっきりと見えている可能性がある。





もしくは…霊感がないと思ってしまうほど

幽霊をはっきり見る体質だったのかもしれない。



そのため、

『俺も1人が多かったから』

というのは、

最初は声をかけてもらえるものの

他の人には見えない幽霊と話しているのを見て、

気味が悪くなり、みんな離れていったのではないだろうか。



幽霊と人の区別がつかないと

周りからは白い目で見られてしまうため、

語り手には辛いことである…。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます