FC2ブログ

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】いつも通りの照明なのに、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】いつも通りの照明なのに、 短編

IMG_1723.jpg


自営業で店をやってるんだが、
バイトの女の子がたまに霊を拾ってくる。

こないだも、
白いワンピース姿の女の霊を引き連れて出勤してきた。

それまでお客さんで賑わっていた店内が、
夕方からのかきいれ時だというのに、
ぴったり客足が止まる。

どころか、
たった20分で店内のお客さんゼロに!

天気も良く、
いつも通りの照明なのに、
急に店内が暗く感じられる。

困ったな~って思ってたら、
誰も乗っていない、誰も呼んでないエレベーターが、
やたらウチの店の階で止まるようになった。

さらには入口に設置している、
人の動きを感知して鳴るピヨピヨ~っていうやつが、
誰もいないのに鳴るように。

霊連れてきたのとは別のバイトの子は、
体調おかしいとか言い出すし。
もう、霊に出て行ってもらうしかない。

霊は店の中やエレベーター前をウロウロしている。

「あの~、何か御用ですか?」

と、テレパシーみたいな感じで、
頭の中で霊に話しかけてみた。

すると霊、

「ええっ!私が見えるんですか!!!(°▽°)」

とびっくりしている。

「見えてますよ。で、何してるんですか?さっきから」

「帰りたいんですけど、ここに迷い込んでしまって。
見ていたらみんなこの扉開けて出ていくので、
私もそうしようと思ったら、
扉が開いても行き止まりで……(;ω;)」

って、エレベーターを知らんのか?

来る時乗ってきただろうが。

「じゃあこちらからどうぞ」

と、非常階段の扉を開けてやった。

「(≧▽≦)すみません」

と言って、
霊はふわりと空に飛びあがって消えた。


後日談。

数日後。

昼間、開店準備をしていたら、
同じビルの最上階にあるショットバーのマスターが、
神主さんを連れてバーに上がっていくのを見た。

夜になってマスターにまた会ったので聞いたら、

「いやぁ、ここ2日ほど、別々のお客さんから、
店の中に白い服の女の幽霊がいるって言われちゃって。
なんか客足も悪いし、店の中澱んでる気がするし、
で、知り合いに神主さん紹介してもらって、
お祓いしてもらったんだ」

とのこと。

まさかウチに迷い込んでた幽霊か?

非常階段から……そういや飛び上がって消えたっけ。

なんで下に降りずに上へ行く?

立体的に方向音痴?

マスターに頼んで、
バーの中見せてもらった。

いた。あの女の霊。

客席の隅っこにうずくまってガクブルしてたw。

神主さん、祓えてねーしw。

「おい!おまえいるとビル中が迷惑だから!
出してやるからこっち来い」

って、言ったら(頭の中でね)、
子犬みたいな顔で寄ってきた。

で、一緒にエレベーターで下に降りた。

外に出たら、
ちょうどリヤカーひいたホームレスが歩いてきたんで、

「これ乗って行け」

って言ったら、
素直にリヤカーにちょこんと座って、
運ばれていった。

しばらく見送ったが、
その姿はちょっとかわいかった。


幽霊はマジ、
エレベーターを知らなかったみたいです。

お客さんの動きを見て、
ドアを開けるにはドア横のボタンを押せばいいことを学習し、
でもいざドアが開いたら中は行き止まりで、
さっき入った人たち消えてるー!(@▽@)

……そうだ、
このピヨピヨを鳴らしてからドアを開ければ!

……ピヨピヨ……ピヨピヨ……ドア開いた。

何も変わらない~!

と思ってたそうです
(一生懸命アワアワしながら説明してくれました)。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます