FC2ブログ

【超怖い話 実話 本当にあった怖い話】雨が降ってきて、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 本当にあった怖い話】雨が降ってきて、 短編

IMG_1590.jpg


当時は神奈川県の古都に住んでたんだ。

地区は今〇って所で、
ほとんど住宅街なんだ。

小学校4年位の時、
小学校と中学校の間にある公園で遊んでた。

季節は夏から初秋くらいかな。

皆で遊び終わったあと俺は帰らずに、
ブランコとか漕いだり木(多分いちょうの木)に登ってたんだ。

5時半から6時位だと思う。

雨が降ってきて、
近くにある遊具(山になってて、中は土管みたいな空洞が何本かあるやつ)の中に入った。

ちょうど土管の真ん中辺りに座ってたら豪雨になって、
辺りも暗くなった。

待機の時間は覚えてないけど、
ふと道側(車は通れない)を見たらなんか居る。

足?かな。グレー色だ。

何秒間か見てたら足をウェーブさせながら動いた。

そいつは離れていって全体像が見えてきた。

グレーの色した人型のシルエット。

ありえないくらい、
くねくねくねくねしてた。

ここで記憶は飛んで(思い出せない)、
いつの間にか夢を見てた。

その公園の広場で俺が真ん中に立ち、
くねくねにカゴメカゴメをされてる夢。

景色は夕焼け。

くねくねは細胞分裂みたいに増えていった。

けど怖くないんだよね。

囲まれて安心する感じ。

起きてからは普通に帰ったのかな?

よく覚えてない。

ただ今は、すごく懐かしく寂しい気持ちで溢れてます。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます