FC2ブログ

【超怖い話 実話 本当にあった怖い話】振り返って確認する勇気はなかった。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 本当にあった怖い話】振り返って確認する勇気はなかった。 短編

IMG_1952.jpg


バイトの帰り(11時少し前)に
近所の公園の前を通った時の話。

そこは駅からちょっと離れた住宅街の中だから、
夜はけっこう静か。

公園から話し声が聞こえたのでなんとなくそっちを見たら、
中のベンチで20代くらいの男女二人が談笑してて、
二人の正面にあと一人がいた。

あとは男女の前に自転車が1台。

こっちからの距離は
15メートルくらいだったと思う。

それで公園の前を通り過ぎる間、(俺は自転車に乗ってた)
なんとなく違和感を覚えてその人たちをガン見してしまった。

ベンチの近くに街灯があるんだが、
そのお陰で座ってる男女の方は髪型や服装まで見える。

だけど、
二人の前にいるもう一人は影みたいに真っ黒で、
光が当たってないみたいだった。

それだけじゃなくて、
その人は頭の位置が妙に高かった。

最初は背の高い人だなぁと思ったんだが、
よく見ると、男女の前にある自転車のカゴに座ってた。

寄りかかってるとかじゃなくて、
カゴの上にしゃがんでた。

サイドスタンドタイプの自転車らしく、
車体もカゴもけっこう傾いてたんだが
全く不安定さの感じられない安定した姿勢。

その時は

「すげーアクロバティックww」

とか感心してしまった。

でも、ベンチの男女は
自転車の上の人をスルーしてるみたいだった。

自転車までの距離は1メートルくらいなのに、
二人は膝をくっつけ合うように座って、話に夢中。

このへんで
「なんかおかしいな・・・」と思ったんだが、
もう公園も通り過ぎるし、
あんまりじろじろ見るのもなんだから前を向こうとした。

その瞬間、
自転車の上の人が、
肩を震わせながら、

「ぐひひひひひ・・・・・・」

って笑った。

こっちまではっきり聞こえる、
異常に響く笑い声だった。

でもベンチの男女は変わらずスルー。

俺は

「アイツがこっち見たらどうしよう」

って怖くなって、
すぐに視線を外してそのまま通り過ぎた。

振り返って確認する勇気はなかった。

あれ以来、夜も毎日その公園の前を通るが、
自転車の上の人を見たのは今のところあの日だけ。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます