FC2ブログ

[超怖い話 実話]いきなり物凄い圧迫感に襲われた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]いきなり物凄い圧迫感に襲われた 短編

IMG_1742.jpg


俺は昼休み会社の休養室で
横になって寝ようとしたんだ。

仰向けになって、毛布被って、目を閉じて。

そしたらいきなり物凄い圧迫感に襲われた。

手で押さえつけられてるどころじゃなくて、
体に重力が何倍にもなって降りかかったみたいだった。

滅茶苦茶に苦しいし、
おまけに耳に凄い騒音まで響き出した
(あまりに音が大きくて、何の音かもよく分からなかった)。

それが暫く続いてから、
唐突にその圧迫感が消えた。

フラフラになりながら立ち上がって、
休養室を出て、
気分が悪いからトイレに行ったんだ。

そしたら、
鏡の俺の顔がボロボロに老けてた。

髪が黒と灰と白のマダラになって、
皺とかシミだらけになって。

本当に絶望した心境になって……

気がついたら休養室のベッドの上だった。

体勢とかも寝ようとした時のまま、
顔も体も寝る前のまま。

時間を見たら
寝ようとしてから20分も経ってなかった。

「なんだ、夢オチか」と思うだろうけど、
夢から現実へ移った瞬間が全然分からなかったし、
圧迫感とかは本当にリアルで苦しかった。

それに、
老いた自分の姿を見た時の絶望感は、
本当に地獄だった。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます