FC2ブログ

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】不思議に思って近付いて手を当ててみると、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】不思議に思って近付いて手を当ててみると、 短編

IMG_1528.jpg


学五年の頃、
私は二階のすみにある狭い和室で寝ていたんだが、
ある日曜日(土曜かも)、
朝遅く起きると壁に穴があいていた。

穴というか、
壁に20センチくらいの漆黒の円が張り付いてる感じ、
と言うと分かりやすいかもしれない。

で、当然不思議に思って近付いて手を当ててみると、
手の感覚はきちんと壁の質感を伝えてくる。

だけどどう見ても全くの完全な黒だったし、
間違いなく『色が塗ってある』と言う感じでもなかった。

目にゴミが入っているのかもと思ったが、
目玉を動かしてもそれは動かない。

さすがに恐くなって一階から親を読んで来た時には、
もうそこにはなにもなかった。
今はなにか脳の働きがおかしくなってたんじゃないか、
と思っているが、納得いかない。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます