FC2ブログ

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】あともう一つの話。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】あともう一つの話。 短編

IMG_2363.jpg


俺自身は霊感ないんだけど、
弟の友達の話をするよ。

そいつは霊感が強いって言うか、
気配に関して敏感っていうか。

俺が夜自分の部屋でテレビを見ていて、
一階に下りようと思って弟の部屋の前まできたんだけど、
ドアが半分開いていたんだよね。

何気なく部屋に視線を注いだら、
その友達が向こう側を向いてヘッドフォンをして
音楽を聴きながら座ってたんだよ。

最初だれか分からなくてジッと見てたら、
その友達がクルっとこちらを向いたんだよね。

俺が

「ああ、お前か。俺がいたってよく分かったね」

って言ったら、

「なんか気配が…」

って言ってて。

そういった感じで気配に敏感なんだよね。

そいつの話なんだけど…

以前、家の近所の墓地で、
人が首吊り自殺をした事があったんだよね。

あまり人が通らないような小道なんだけど、
バス停からの近道だったりするから、
地元の人は良く利用するんだ。

でも首吊りがあったって話が広まって、
人は通らなくなってたんだけど、
その友達はその事件を知らなくて、
通ってたんだよね。

そいつが俺に、

「あの道って最近気持ち悪いんだよ。
墓地の前を通ると、
墓地の中に人が向こう側を向いて立ってて俯いてるんだ。
でもそれは視線を前にすると見えてて、
視線を墓地に向けると消えるの」

って言ってて、
そいつに事件を話したら絶句してた。

あともう一つの話。

そいつの家でお婆ちゃんが亡くなったんだけど、
葬儀の後に両親が何かの都合でその日に家に帰れなくなったんだ。

そいつが一人で一晩家で過ごすって聞いたから、

「家に泊まれば?」

って言ったら、

「そうしようかな。こんな日だし少し怖いし…」

って言ってて、
とりあえず喪服を着替えに家に帰ったんだ。

そういたら喪服のまま真っ青な顔で戻ってきて、

「家の玄関を明けて靴を脱いでいたら
『…おかえ…り…』っていう、か細い声が聞こえた。
だれもいない暗闇の中から!」

って泣きそうな顔になってた。

たぶんお婆さんじゃないかって話になったんだけどね。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます