FC2ブログ

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】出られない」んだと言っていた。 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】出られない」んだと言っていた。 短編

IMG_1992.jpg


知人に『自称人造人間』がいる。

そいつはけっこう古い家の長男。

なんか、
両親の間に子供ができなかったんで造られたのだそうな。

そこの家系では何度かあったことらしい。

方法は教えてもらえなかったが、
養子とかではなく、
『寺で造られた』のだそうな。

つれになってから10年近く、
1年くらい前に初めて聞いたときには、
ふつーに与太なんだと思ってた。

んだが、ふと気づいた。

そいつは生家のある県から出たことがない。

修学旅行とかにもこなくて、
つまんなかった覚えがある。

本人に聞いたら、
「出られない」んだと言っていた。

ふかすなこいつ、
と思って車乗せて遠出したら、
県境越えたあたりからみるみる脂汗流しだして、
呼吸も変になってった。

それで怖くなって、
病院にいこうと県内に戻ったら、
けろっと治りやがった。

俺に自分のことを教えてくれたのは、

「正統な世継ぎができたから、俺は不要になった。
でも、生家や本家にはいろいろ文句があるから、
消される前に一発かましてやろうと思って、
その理由を知ってて欲しかった」そうな。

今そいつには、
5歳になる弟がいる。

高齢出産で生まれた子だから、

「あいつがしっかりするまでは、
俺が面倒みなきゃなー」

って言ってた。

与太ならそれが一番いいんだが。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます