FC2ブログ

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】夜中に暑くて目が覚めて、 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 ほんのりと怖い話】夜中に暑くて目が覚めて、 短編

IMG_2385.jpg


ハノイの某ホテルにて。

この時はひとりだったんだけどね。

夜中に暑くて目が覚めて、
足を動かしたら手のひらを踏んだ。

と思ったら右足首を小さな手がガッツリ掴んでいる。

こども、7才くらいのこどもの手だった。

おそるおそる見ると…
手だけがそこにあった。

そのままカナシバリ→意識喪失。

翌日から3日間40℃の熱を出したのは無関係だと思いたい。

この話には後日談が…

翌日から40℃の熱を出したオイラですが、
そんな高熱を出したのは初めてでした。

マジで走馬燈が見えた。

生きてきた短い人生の中であったあんなことこんなこと…。

その時、無意識に

「おか~さ~ん~」

と呟いてしまった。
(今思うと笑える。早く病院逝け!)

すると誰かが私の顔に触る感触が…。

なんだろうなと思いながら寝てしまった。

翌日動けるようになったので、
病院で点滴を受けて完治。

ほどなくして帰国した私の顔を見るなり母は、

「あんた、熱出したでしょ」

「なんで知ってんの?」

「お母さん、行って看病してたんだもん」

母が言うには、
オイラが熱を出した夢を2,3日続けてみたそうです。

日にちもぴったり。

ちなみに母も、
ピンチの時に祖母の夢に助けて貰ったことがあるそうです。

母は東京下町で代々芸事をやっていた家。

芸事とシャーマニズムは密接な関係があると言うが、
いつかはオイラも『おばちゃん民間巫女』になるのだろうか…?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます