FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】なんか不思議な感覚を覚えた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】なんか不思議な感覚を覚えた 短編

IMG_2339.jpg

冥界につながる電話ボックスがある。



山奥の斜面に近い国道の道路で、



車が方向転換するときに必要な余分な土地がある。



そこに電話ボックスがあるのだが、



何故こんなところに立てたのかが一層不気味さを漂わせる。



俺は、仲間数人とその電話ボックスに付いた。



噂では、自分の死んだ会いたい人を心の中で念じながら、



10円を入れ、4、3(黄泉)とかけると



冥界とつながり、その人と話せるらしいのだ。



仲間内でじゃんけんで負けた俺は、



早速ボックスの中に入った。



外で仲間がにやにやしている。



俺は死んだおじいちゃんを頭に浮かべながら、



10円を入れ、4,3とボタンを押し、受話器を耳にやった。



「・・・・・・・・・・・・・」



数分たってもなにもかからない。



内心、ほっとしながら、ボックスから出ようとしたら、



にやにやしていた仲間の姿が見当たらない。



「ち、あいつら、俺を驚かそうとしてるんだな」



と思いながら出た。



ん、なんか不思議な感覚を覚えた。





【解説】



















『冥界とつながり、その人と話せるらしいのだ』

とあるが、

これは電話ボックス内の電話で話せるわけではなく、

電話ボックス内の人間を冥界へと転送し、

冥界の人と話すことができるものだったのだろう。



そのため、語り手は電話ボックスから出ると

『なんか不思議な感覚を覚えた』と言っている。



果たして、冥界にはどんな者がいるのだろうか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます