FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編

IMG_2446.jpg

夢を見た。黒服の男に右腕を付け根からノコギリで切られる夢だ。



刃が骨に当たる嫌な音が響いていた。



拘束されている訳ではないが動けなかった。



不思議と痛みや恐怖は感じなかったが妙にリアリティがあり、



起きた後に自分の体を確認して安堵した程だ。



そんな夢を見るのも今日で4日目だ。



2日目は左腕を、3日目は右脚を切られる夢だった。



起きてみれば身体に異常はないのだが、



夢の中では着実に四肢が減っていく。



これからどうなるのだろう。



そんな事を考えている間に夢に落ちていた。



夢の中では既に残る手足は左脚だけになっていた。



そして左脚の付け根に凶暴な刃が当てられた。



ほんの数分で俺は達磨のようになってしまった。



脚を切っていた黒服の男が最後に



「ゴチソウサマ。」と言った気がした。



目が覚めるとやはりいつもの身体だ。



しかしなんであんな夢を見たのだろう。



まぁいいや今日は何をしよう。特に何もする事は無いけどね



とりあえずトイレがしたい





【解説】



















『とりあえずトイレがしたい』

語り手には自力でトイレに行くことができない。



つまり、語り手には元々四肢がない。





この夢の内容は実際にあったことだが、

語り手がこの時の出来事を恐怖により忘れてしまったものの、

潜在的には覚えていた…

なんてこともありえる?

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます