FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編

IMG_2050.jpg

夜更け頃から降り始めた雪を見つめながら、



ポーラは先週喧嘩別れしてしまった恋人、ジェフのことを考えていた



些細な理由で喧嘩してしまったことを後悔していたら、



開けたばかりのはずだったワインボトルはもう空だ



明日になったら謝ろう



そう思いつつ、ポーラはそのまま眠りに就いた



翌朝、目を覚ましたポーラは郵便受けを見に行こうと玄関を開けた



前庭は洗い立てのシーツのようにまっさらで、朝日を浴びて輝いていた



ふと足元に目をやると、雪の上にぽつりとカードが落ちていた



カードには一言



[愛しているよ ジェフ]



言葉なく佇むポーラの頬を、一筋の涙が伝い落ちた





【解説】



















『前庭は洗い立てのシーツのようにまっさらで、朝日を浴びて輝いていた』

とあるにも関わらず、

『雪の上にぽつりとカードが落ちていた』



足跡もないのに、

どうやって雪の上にカードを置いたのだろうか?



カードを置いた近くで自殺してしまったか、

もしくは幽霊となって置いたのか…



いずれにしてもジェフはこの世にいないと思われる。







この話を最初に読んだとき、

[愛しているよ ジェフ]

とあり、



「いや、そこはジェフじゃなくてポーラでしょ!

 もしかしてジェフは自分のことが大好きで

 それを伝えたかっただけなの!?」



なんて考えてしまったのだが、

単純に差出人の名前だったという…



恥ずかしや…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます