FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 短編

IMG_2480.jpg

友人のアイドルヲタがやばい。



最近ファンになったというアイドルに異常な程の情熱を注いでいる。



この間部屋に行った時なんかマジで引いた。



グッズだらけ。んで壁中に写真。



そんで「お前大丈夫か?」と聞いたら血走った目で「ああ」と答えた。



はっきりいってやばい。



なにかしでかす気じゃないだろうか、と思った。





で、しばらくしてそいつん家行ったら何もなくなってやんの。



「どうしたんだ?」って聞いたら「いや、もう必要ないんだ。」って。



どうやら俺の思い過ごしだったようだ。やれやれ。



しかし、あんだけ熱入れてたのに。案外素っ気無いんだな。




さらに暫くたって、電話がかかってきた。



「なあ、お前んちにいらないブラウン管のテレビあったらくれよ。」



「はあ?お前ん家でかい液晶あるだろ。なんでそんなの必要なんだよ?」



「まあ色々考えたんだけど、俺らの関係ってそれが一番なんだって悟ったんだよ。」





【解説】



















でかい液晶のテレビがあるのに、

ブラウン管のテレビを欲しがって、

『俺らの関係ってそれが一番なんだって悟ったんだよ』

なんて言っている。



液晶とブラウン管の違いとなると、

薄さと映像の粗さにあるだろうか。



液晶テレビで見ていたら

綺麗すぎて肌の荒れまで目に付くようになり、

嫌になってグッズまで捨ててしまったとか?



しかし、グッズまで捨ててしまったのであれば、

いくらブラウン管で見る方法を考えたところで、

再熱することはほとんどなさそうである。





となると、

アイドルを監禁したために「グッズなどいらない!」と捨てたものの、

現実で見るよりもテレビ越しの方がやはり良い、

ということで、殺してブラウン管のテレビ越しに見ようとしたということか。



液晶だと薄いため頭を入れられないが、

ブラウン管であれば頭を入れられるのだから。



監禁ではなく、そのアイドルと付き合う子ことができたものの、

テレビ越しで見るアイドルとはまるで違っていて、

「やはりテレビ越しが一番!」と感じた可能性もある。



どちらにせよ、ブラウン管の利用方法は

テレビ越しに見る、といったところだろうか。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます