FC2ブログ

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】顔色が悪いおっさんが 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 洒落にならない怖い話】顔色が悪いおっさんが 短編

IMG_1577.jpg


オイラには霊感が無い、
たぶん世界一無い。

心霊スポットに行っても何も感じないし、
皆がいっせいに「ヤバイよね」と言ってる写真を見ても
「え・・どこに?」といった感じ。

極めつけは、
オイラが住んでるアパート、
某部屋。

他のより家賃が安いいわゆる
「いわく付き物件」

それですらオイラは何も見えないし聞こえない。

そんなオイラがこの前先輩と後輩二人で
夜恐山に行ったんさ。

ヒマだったし。

恐山の麓に住むオイラ達には
絶好のドライブコース

適度なカーブになってる恐山街道で
オイラ達はレガシーでブイブイ走り
地蔵にこすりそうになったりと、大興奮

そんで釜伏展望台に行く道と
イタコがいる寺みたいな所に行く道に分かれるY字路で
Uターンして帰る事にした。

そんな帰り道で事件が起こる

恐山街道には冷や水峠と言われる幽霊目撃多発地帯がある
(赤ん坊を抱いた女霊見えるらしい)

そこを通る時、
先輩が急に速度をあげたんさ

後輩1「今、、、え?」

後輩2「いましたよね?」

先輩「もう言うな、マジヤバいだろ・・・ヤバいって」

どうやら冷や水の辺りの木の隙間から
やたら顔色が悪いおっさんが
凄い形相でガンをつけてたらしい

そしてオイラはすかさず言った

「鹿が飛び出してきそうでしたね」

そう・・・みんな、
右にいたおっさんに注目してる時、
オイラだけ左にいたカモシカを見てたのだ

多分これが見える奴と見えない奴の違い。
焦点が合わないっつうの?

気配りがたらん奴には霊は寄り付かないらしい。

後日談は他の3人はかなりの割合で夢におっさんが出没して、
結構まいってる。

今度キムラの神様のとこ行くだの行かないだの・・・・

オイラはおっさんなんか出ないし、鹿すらでない

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます