[超怖い話 実話]赤ちゃん - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話]赤ちゃん

超怖い話 実話 長編

バイト先で休憩中お菓子を食べてたら、
大木さんという女性が「あんまり寝てなくて眠たいねん」と話しだしました。

夜中3時頃に突然一緒に寝ていた母親が起き出し、部屋の電気を付けたそうです。

まぶしくて文句を言うと、母親は布団の上に正座したまま、両肩をこすり、
「ごめんなあ・・・あんまり怖い夢やったから・・・」と震える声で言いました。

見ると涙目になっていました。


大木さんの母親は頭痛がするほどの肩こりに悩まされていたのですが、
それはこんな怖い夢だったそうです。

母親が一人で薄暗い道を歩いていると、
遠くから黄緑色のベビー服を着た赤ちゃんがよったらよったら歩いて来た。

危なっかしいので、しゃがんで待っていると、近づくにつれ、
体は赤ちゃんなのに顔が成人男性で、母親の元へたどりついたその赤ちゃんは、
両膝に自分の手を置くと、母親を見上げて、こう言った。

「おまえ、肩こりがひどいんだろう。それは俺がこの先も一生、肩に乗っているからだ」

大木さんの母親は流産も中絶も経験していたので、本気で怖かったらしく、
御祓い先を探してみるとのことでした。

その話を友達にしたところ、「・・・実はうちのお兄ちゃんもそれに似た夢見たらしいねん・・・」と。

この話の方が私にはインパクト強かったので、次にその話を書きます。


4年程前、その子のお兄ちゃんの彼女が妊娠したのですが、
お互いいつかは結婚したいと思いながら付き合っていたものの、
当時兄は就職活動中、彼女も短大入学したてで、
「今は無理やよな」「まだ時期早いわな」と今回は見送りのようなあっさりした感じで中絶したらしいです。

その後、2人はうまくいかなくなり別れてしまいました。

しばらくして、彼女は他の人と結婚したそうです。

そして最近その兄がこんな夢を見たのです。

公園で3歳くらいの女の子が一人でブランコを漕いでいる。

兄は普段子供に話しかけたりしないが、ごく自然に
「お名前なんていうの?」と話しかけた。

髪がサラサラして目の大きな可愛い子だった。

真正面から兄を見上げると、

「みくちゃん。産まれてたらこうなってたの。」

と言って突然大きくブランコを漕ぎ出した。

ブランコは垂直の高さまで上がり、頂点で女の子はポーンと投げ出され、
逆さ吊のようになったまま、空へ吸い込まれていった・・・。

その夢を見てからしばらくして、兄は昔の彼女に電話してみたそうです。

すると「実はおめでたで、今5ヶ月やねん」と。

とりあえずおめでとうを言い、男か女か聞くと、

「まだわからんねんけど、女の子やったら未来と書いて、みくにしたいねん」

と彼女は言ったそうです。

自分が中学くらいの時から女の子には絶対「みく」と付けたかったのだと。

兄が自分の見た夢の話をすると彼女は電話の向こうで黙りこんでしまいました。

結局、彼女は女の子が生まれたのですが、違う名前にしたそうです。

この話を聞いた時、怖いというより可哀相と思ったのですが、後でじわじわ怖くなってきました。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.05.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます