FC2ブログ

奇妙な話がある。 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

奇妙な話がある。

IMG_1838.jpg


小田原の大雄山には、
天狗の高下駄がたくさん奉納してある場所がある。

ミニサイズから巨大な鉄下駄まで境内をいろんな高下駄が埋め尽くし、
参拝者を楽しませてくれた。

子供の時の話だが、
鮮明に覚えている奇妙な話がある。

祖父母に連れられて大雄山に登って、
高下駄のある場所まで行った。

物珍しくていろんな高下駄に足を入れて
はしゃいでいたのを覚えている。

その内、祖父母の

「頑張れ!」

とか

「お!強い強い」

と言う声に混じって、
別の声が聞こえて来た。

「御主にはまだこの下駄は履けはしまい」

「よし、もう少しじゃ。力をこめい」

「このワラシは面白い。どれ、少し力を貸そ」

全然知らない人の声だった。

するとまず動かないであろう
30センチサイズの鉄の高下駄が一歩前に出た。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます