FC2ブログ

寂しそうな顔 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

寂しそうな顔

IMG_1437.jpg


大学生時代だから、
もう10年ほど前の話。

実家は兵庫県の有名な野池群の近くにある。

帰省する度に幼馴染とバス釣りに行ってた。

今年も一緒に行こうとツレに電話したが、
あいにく繋がらなかった。

とりあえずメールで、
日時と場所を送って当日を迎えた。

返事はなかった。

当日は夕方17時くらいに到着した。

総合病院のすぐそばにある小さな野池だ。

ここは山に囲まれているため、
病院の病室上から覗かないと誰も気づかないような野池。

当時はカーナビもそんなに普及しておらず、
アングラー(※釣り人)はほどんといなかった。

プレッシャー(※釣り人の足音などの、魚にかかる外的な負荷)も少なくよく釣れる。

気づけば辺りは真っ暗で、21時を回っていた。

ガサガサッ

草むらから音がしたので、覗いてみる。

そこには連絡を取ろうとしていた友人がいた。

久しぶりの再会で嬉しくて一生懸命話かけた。

でもヤツはなんとなく元気がなかった。

ヤツはタックル(※釣り道具を入れておく容器)を持ってきておらず、
なんとなく様子を見に来ただけだったらしい。

少し話して、明日二人でゆっくりと釣りをすることにした。

その別れ際、ヤツがポツリと言った言葉がいやに耳に残った。

「ここなぁ、最近顔の潰れた男がよく現れるねん・・・」

次の日の朝、約束の時間に野池に行ったがヤツはいなかった。

釣りをしながらのんびりと待ったが、
何時間経っても来ることはなかった。

昼を過ぎた頃、
どうせ寝てるのだろうとヤツの家まで呼びに行った。

ピンポーン。

ガチャッ。

久しぶりに見たヤツのおばちゃんの顔だった。

「お久しぶりです。○○くんいますか?」

少しの沈黙の後、
おばさんは寂しそうな顔をしてこう言った。

「○○ねぇ、3ヶ月ほど前から入院してるの」

頭を何か鈍器で殴られたような衝撃だった。

詳しく聞くと、
あの野池にバイクで向かう途中に転倒し、
現在でも意識が戻らないらしい。

あの野池横の病院に入院しているそうだ。

訳が分からなかったが、
昨日ヤツと会ったとは言うことができなかった。

怖くなりその日はさっさと実家に戻った。

次の日になり、気分も落ち着いたので、
とりあえずヤツの見舞いに行くことにした。

病院に到着し、
ナース室でヤツの病室を聞く。

ヤツは眉に力を入れ、
顔をしかめたような状態で眠っていた。

とても苦しそうだった。

20分くらい意識のないヤツに話しかけた。

また釣り行こうといった。

そろそろ帰ろうと立ち上がり、
彼のベッドを出た瞬間だった。

迎えのベッドのカーテンからシャーッと音がして、
中から人が出てきた。

フッとその人をみた。

顔中包帯だらけだった。

血が染み出ていた。

唯一包帯の隙間から見えたのは、
左目だけだった。

で、ふと思い出したんです。

昨日ヤツが言ってた。

「ここなぁ、最近顔の潰れた男がよく現れるねん・・・」

気のせいだと思うけど・・・

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます