FC2ブログ

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 逃げろ短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【超怖い話 実話 意味怖がわかると怖い話】 逃げろ短編

IMG_3468.jpg

妻を殺した。



よみがえるのが怖くて、執拗に首を絞めて確実に殺した。



郊外の竹やぶに遺体を運び、深く掘って、入念に埋めた。



家に戻ってからも、震えは止まらなかった。



今にも泥だらけの妻が、玄関をノックしてきそうだった。



翌日の夜、恐怖に耐えられず確かめに行った。



再び車を遠く遠く走らせ、竹やぶにたどり着いた。



昨日と変わらぬ光景を見て、少しでも安心する気だった。



…なんということだ。



生い茂る竹やぶの中で、妻が折れた首をかしげながら、



こちらを見つめてまっすぐに立っているではないか。



俺は悲鳴を上げて逃げ出した。



ただただ恐怖に震え、闇雲に車を走らせながら、妻に許しを請うていた。



しかし、妻は追いかけてはこなかった。



驚いたことに、事件として報じられることもなかった。



あれはいったい何だったんだろう…。やはり幻覚か…?



それから、長い月日が経って、俺はやっと気がついた。



あれは孟宗竹のイタズラだったんだ。



今ごろ妻は、はるか頭上で骨となって揺れているのだろう。





【解説】



















語り手は前日に埋めて、翌日の夜に確かめに行っている。



埋めた時間帯がわからないが、

1日~1日半ほど経っていると考えられる。



竹は1日に1m以上伸びることもあると言われているため、

成人女性の平均身長(160cmないくらい)であれば、

殺した妻が立っているように見えるほど

竹が伸びていてもおかしくはない。



そのため、殺された妻がまっすぐ立っているように見えたのは

竹が成長したためである。





そんな竹であるが、

「地震のときは竹藪へ逃げろ」

なんて言われるほど、

竹は根っこが強く、

地面はガチガチになっていると言える。



しかも、孟宗竹であれば

他の竹以上に根っこが強いだろう。



そんな場所に人を埋めるほど深く掘るとか、

この語り手の執念が恐ろしいと言えるのではないだろうか…

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます