FC2ブログ

同棲 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

同棲

IMG_0478.jpg

物心ついたときから俺は学園で生活していた。



そこに居たのは、自分と同じ境遇の子供ばかりだった。



A子とは、その学園で一緒だった。



中学を卒業してからは、学園の仕事とアルバイトをしながら



定時制の高校に通った。



ある製造工場に就職が決まったので、会社の独身寮に入るため



学園を去った。



何年かが過ぎたある日、電車の中でA子と再会した。



A子は赤ん坊を抱いていた。



喫茶店で近況を話すうちに、職場に来ていたお客と親しくなり



同棲していた事、妊娠が解ったら男が逃げた事、職場を解雇された事を聞いた。



それから毎日のようにA子が家に来るようになった。



(寮は成人したら出て行く決まりだったので、ボロアパートを借りていた)



A子は一緒に住みたいと言ったが、自分の給料では3人の生活は無理なので、



学園に戻らせてくれるように頼めと言った。



3日ほど来なかったので学園に戻ったんだろうと思っていたらA子が来た。



「子供はお母さんにお願いしてきたから、ここに住んでいいでしょう?」



と言った。



俺はとんでもない間違いを犯してしまった事に気付いた。





【解説】



















『自分と同じ境遇の子供ばかりだった』

とあることから

学園=児童養護施設だろう。



なので、

『子供はお母さんにお願いしてきたから、ここに住んでいいでしょう?』

とA子は言っているが、

これは学園に預けてきたということ。



そのため、A子の子も同じような境遇になってしまった。



ただ、本当にお願いしたのだろうか?



実はお願いではなく、

学園の前に捨ててきたのではないだろうか。



A子からすると、

子供のことなんてどうでもよかったのだろう。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます